忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 11:08 |
『アイレクスの走馬灯』……実はゲーム作ってました
あ、もちろん恋愛ゲームってのは嘘でして。
実際に作っていたものはこっちになります。



……てへっ☆(反省が見えねぇ)

と、いうわけで!
ちょっと早いネタばらしになってしまいますが。
実はエイプリルフール抜きにして、水面下でクソ真面目にゲームを作っていた青波が通ります。
一度、一度やってみたかったんだ……
いつもエターナることを運命付けられている、ゲーム製作というものを。
(エターナる=RPGツクールなどのゲーム製作を途中で放棄すること。またはその状態(はてなキーワードより抜粋))
その運命を打破する、ゲーム製作というものを!

そもそもRPGツクール大好きだった青波が、ゲーム製作に手を出さないわけがない、というのと。
『アイレクスの走馬灯』を執筆するきっかけになったのが、小説版『火星物語』だった、ってのも大きいかなと思っております。
『火星物語』といえばメディアミックスの大家ですから。青波にとっては。
……理解はされないかもしれませんが。笑。
というか、火星なんて今更わかるひとどれだけいるというのか。
好きなんだよ! 大好きなんだよアンサーとフォボスが!
特に小説版アンサーの、夢か現かも曖昧な、乾いた世界を旅する足取りが好きなんだ……。

ともあれ、『アイレクスの走馬灯』は、そんな青波の、ゲームに対する夢をぎゅっと詰め込んだ話です。
終わりゆく世界で、そっと寄り添う少年と少女。そして二人を見守る相棒や、彼等が出会う人たちの、短い旅の記録と記憶。
――もしくは、「僕」の走馬灯。
何とか2014年末には間に合わせるつもりなので、長期戦にはなりますが、のったりとお待ちいただければ幸いであります!

また、ゲームで内容を公開する都合上、小説ページで公開していたものは下げさせていただきました。ご了承下さい。
(ブログ上のは残してありますので、序盤の展開が気になる方はそちらでどうぞ)
PR

2012/04/01 21:17 | 創作記録

<<「終末の国から」に「薄闇に沈めば」追加。あとティアと文フリ告知。 | HOME | 『フィサリスの恋愛論』体験版配布開始しました!>>
忍者ブログ[PR]