忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 11:04 |
セイル・カーティス
よく考えたら空色のキャラ紹介詳細って存在しないと今更気づきました。
そろそろ、「おまけ」ページのキャラ紹介、まともに作ろうかなあ。
そんなことを考えながら、発掘してきたセイルの紹介文を載せておきます。
執筆開始当時である2009年の情報だけど、大体間違ってはいない、はず……。
 
セイル・カーティス

年齢:14歳
身長:154cm
髪色:空色
目色:銀
出身:ユーリス神聖国

楽園には存在し得ない空色の髪に銀色の瞳を持つ、本編の主人公。
代々続く飛空機械技師の一族カーティス家に育つ。
楽園の敵、異端研究者ノーグ・カーティスは義理の兄。
ユーリス神聖国の辺境にある小さな町、その近くの林にあるカーティスの屋敷に隠れるように暮らしている。
赤子の頃、捨てられているところを現在の父親に拾われた。
本人も拾われ子であることは理解しているが、今の家族に愛されて育ったため、その点を気に病んではいないし、自分の生まれや本当の親に対する興味は意外と薄い。
その特異な外見から町の人間からは疎まれ、友人はいない。物語開始時まで家族だけが自分の世界だったと言っても過言ではない。そのため、優しかった兄ノーグが人殺しとなって失踪したことには大きなショックを受け、現在も引きずっている。
育ちがよいこともあり素直で物腰も柔らかいが、他者に対してなかなか心を開けない性格。何かを言おうとしても、一歩引いて考えてしまう癖がある。
細く小柄な体つきながら生まれながらに力が強く、体力も人より数段高い。その代わり体内にマナが無く、魔法は全く使えない。暗闇を見通し、マナや妖精なども知覚する特殊な「視力」を持つが、人には隠している。
唯一自慢できる特技は暗算。五桁程度の四則演算は数秒で解ける。ただ、ブランがそれ以上の難問も軽く解いてみせるので、プライドをいたく傷つけられている模様。
PR

2012/05/29 22:21 | 創作記録

<<『終末の国から』に「アリシア・フェアフィールドの奇矯な友人」追加。 | HOME | 【物書きに捧ぐ質問攻めバトン】>>
忍者ブログ[PR]