忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 07:13 |
ツイッターで流した設定系情報
とりあえずツイッターでその場の勢いで書いてしまった、
設定っぽい記述とかネタ記述を拾えるだけ拾ってみましたよ!
最近は終末モードなので終末ネタが多いです。
 
■上司にバレたらやばい
【今日の仕事.txt】青波の仕事場のPCの中にある、備忘録的テキストファイル。その実態は仕事内容のメモというよりネタ帳であり、昨年三月から運用を開始して現在1.5MBくらい。あくまでテキストファイルである。仕事しろ青波、というツッコミは許容しない。
※ちなみに現在1.6MBくらいまで増えてる

■そのネタはいらなかった
 あ、そうだ、自室に閉じこもってる隊長を見かねた副隊長が扉越しに「何やってんだ」って聞いてきて、「賢者タイムです」って返す、ってネタもあったんだけどあまりにも酷いからやめたんだった(やめた意味がねえ)。
「旧時代のネットスラングかよ! っつか今本当に何やってた!」「ふぅ……男の欲望というのは、何と尽きないものでしょうねー……何人の美少女を前にしても、僕は満たされることなく欲望に流されるばかr」「本当にお前は塔のエリートなのか! それでガーランド名乗ってていいのか、なあ!」

■エンドフライヤー
 五十年後の話やりてえ(ラストエグザイルのせいだそれ絶対)。主人公のおにゃのこ(パイロット)と相方の男(ナビ)がどっちも前向きでアホなタイプの、青波にしては珍しい話を予定。誰も知らない楽園の『果て』を見に行く話、エンドフライヤー。
 しかし書きたいと言いながらまだナビの通称が確定しとらん。<エンドフライヤー 主人公の通称はエアにするつもりだけどー。あと、赤い石田とか吟遊魔女とか青かったセイルとか出したいなー。夢が広がる。だがまずは空色が先だ。

■とっても大好きシスれもん
「シスれもーん」「どうしたんだいアリシアちゃーん」「助けてシスれもん、辰織がフラグ立てまくるのー」「しょーがないなあ辰織くんはー。ぱーぱぱぱぱらぱー、鉄拳制裁ー」「実力行使!?」「いやほら私ウィンじゃないから。秘密道具とか持ってないから」
 ……という話かどうかは横に置いて、 @rag_in_arc では今日も世界が終わっています。しゅーまつせかーいのー、ひとがたろぼーっとー♪(正確にはシスルはロボットではなくサイボーグ分類だが)

■アイレクスについて
 ボーイ・ミーツ・ガールとアイデンティティの在り処。「アイレクスの走馬灯」のテーマについてはいつも通りですとも。少しだけアプローチの仕方が変わる程度で。今回は「ある少年」が、笑顔と涙を知るまでの、物語なのかもしれない。物語、記憶、もしくは走馬灯。
 どうでもいいけど自キャラに「君がいなきゃ、君じゃなきゃダメなんだ!」ってはっきり言える子が少なすぎる。アイレクスはその辺をどうにかするための話でもある。珍しくちょっとだけ恋愛っぽいものをやるよ。ちょっとだけ。頑張れ少年、そして恋愛ものアレルギーの俺。
 まあ何が酷いって、アイレクスは「走馬灯」だけにエンドが定まってるってことだよね。後が無いってわかってるからこそ出来ることって、あるよね……(酷ぇな)「客観的にはハッピーエンドじゃないけど、それでもすがすがしいエンド」を目指して頑張りたい。

■現代編ネタバレ注意
「なあ、アラン」「何です?」「お前、んな甘いもんばっか食ってて、太らねぇの?」「……っ、ず、頭脳労働って結構カロリー消費するんですよ、ええ」「何焦ってんだよ」「気のせいですよ?」「そういえばお前、最近急に背が伸びたような」「気ノセイデスヨ?」
「なあアランよ。んな無駄な努力するくらいなら、いっそ胸にまわすとk」「ダァ シエリイェス!!」(殴り飛ばす)「何しやがる! つか今何つった!?」「ドア閉まります」「何で!?」

■最近の病気とロイスについて
 続き書くために空色読み返してて思ったこと:「絆」って見ると全部「ロイス」って振り仮名が付いて見える(病気) というか空色に限らず最近「絆が~」とか「繋がりが~」とかいう言葉に全部「ロイス」って振り仮名がついて見えるんだけど病気だよね。
 今のブランって病的にロイス結べないことを自覚しているだけに、病的に身内を愛したがってて、その愛し方が凄く極端なイメージがある。実際奴の正しいモチベーションって「大事な人を守りたい」の一点だからな。実は賢者様あんまり関係ない。

■信じて疑わないこと
\パラライズが2レベル、スリープクラウドがウィザード6レベルになったのは絶対ヒースクリフ・セイバーヘーゲンのせいだと信じてる/

■技設定
 針を回す:いくつかの物語で登場する用語で「加速」のこと。アクセラレイターとか何かそんな感じ。ある種の能力を付与された人間が扱うことができる。現状設定されてる使用者はセイル・カーティス(空色)、ホリィ・ガーランド、ヒース・ガーランド(終末)。

■ホリィの喋り方講座
 この前砂紅女史と喋っていて気づいたんだが、青波がホリィの喋り方で喋ろうとすると自然とQBになってしまうという。どうしてそうなった。多分語尾に「~だよ」「~よ」ってつけてしまうからいけないんだが(本来ホリィは大体言い切り)。
 しかしホリィの「僕には理解できない」はQBの「わけがわからないよ」に通じると思うんだ!(わけがわからないよ)

■ホリィのような青波
\誰か僕に裸ニーソの鈴蘭を早く/

■考えるだけ考えてみた新作ネタ
 妖精視の女の子と「音を殺す」犬と「音を生む」烏。自称亡霊。オシチヤみたいな探索ものを妄想した。「音」って要素をどう上手く使うか。本当は凪にしろ船にしろ「波使い(負/正)」だから光だって操れる可能性があるけど、流石に凶悪すぎるので「音」に限る。
 凪と船は綺麗に一文字で訳せるんだけど、四番目の訳し方に困る。caress、って一文字で表現できる英単語じゃないな。笑。一番目のばろきゅは「歪」とか言っておけばいいけどさ。時代背景は多分最後の話直前、かな……それかエンドフライヤー前後。
 凪と船が同時に自由に動ける時代なので、絶対に空色以降。(それまでは船がカミサマやってる)凪と船が似た能力なのは偶然。実際には全然関連の無い二人なので。船はレベンタートでやってたみたいに、主に嵐を起こす能力として使う。凪は本気出すと完全奇襲してくる。

■地味にいない
 今日の議題:青波の話に無性は大量にいるが両性具有はいない件について
 まあ、無性は無性で人間の肉体投げ捨ててる奴らばかりだけどな。(例:トゥール、シスル)
 奴の性別を両性にすることで色々と設定の齟齬が起こらないか考えてみたが、結局のところ、両性具有であることを明言しなければ何も問題は無い気がする。(お前は何かがおかしい)

■アイレクスって
 「アイレクスの走馬灯」は裸ニーソ派の主人公(属性:ムッツリスケベ)が、いつかヒロインの裸ニーソを見たいと虎視眈々とそのチャンスを狙ってる話です。嘘です。作業に戻ります。

■美形について
 美形といえば、うちだと大体「作りもの」のひとたちは美形設定だよね(笑)。シスルとかシンとかトゥールとかガーランド系とか。天然で美形定義なのって、反転のひとたちに圧倒的に多くて、現代ものには少ない気がする。
 ただ、美形を明言してるかは不明。あ、反転以上にPBが酷い美形率の高さだったな。あれはもうしかたないんや。
 現代ものに美形が少ないのは、どう表現するか悩むからだろうなー。ファンタジィだと結構きらきらしい描写をしても恥ずかしくないんだけど、現代だと何故か気恥ずかしくなるんですよな。

■その時青波は思った
 最近気づいてちょっとショックだったこと:ホリィの設定詰めてたら、「これよく考えたらPBトゥール・スティンガーとほぼ同じ過去じゃね?」って気づいた瞬間。わざと繰り返している部分もあるとはいえ、どれだけ引き出し少ないの青波www
 今更わかりきったこと:青波は「大量発生する同一人物(に限りなく近い何か)」が物語のモチーフとして大好きだ。劣化レプリカっていい言葉だよね。
 あと地味に作品中の主義として:魂の存在は認めているけど、「生まれ変わり」は前提として認めていない構造になっている。擬似生まれ変わりというか「他人の記憶の保持」システムとして『レザヴォア』とかがあるけど、それはあくまでデータとして呼び出すだけですしな。

■懐かしい漫画の話
 誰か、「LUWON」って漫画を知っている奴はいないか。(真顔)
 「LUWON」って、青波の中では超絶トラウマ漫画なんですけど、やっぱり青波の世界観に多大な影響を与えた話だと思っている……同作者さんのマジスタも最後までは読んでなかったことを今になって思い出した。くそぅ、読まなきゃ。
 何故唐突に「LUWON」を思い出してしまったかといえば、最近考えてる現代編の主人公が何となく黒矢っぽいなあと思ってしまったからなのだが。いや、現代編の主人公は大学生だけどね! でも何か脳内中学生レベルっぽいし……(ぼそ)

■ハルト・ガーランドの人となり
 パパは男前なガタイのいいおっさんで、でも子供達溺愛してる親バカパパです。「よーしガキどもー、飯にするぞー」ってよく鍋物作ってるような(?)
 殺戮マシーンと化しつつあったホリィの精神状態を危惧して、元は外部の人間である友人・ブルージェイを教育係としてつけたくらいなんで、ハルト・ガーランドは塔の上層には珍しくかなりまともな人物ではあります。研究内容はアレだけど。

■ガーランド家の話
 ガーランド・ファミリーは今の所八番目に作成され、成功作と認定されたホリィ、ヒースのきょうだいまで存在が確認されてます。以降は未定。ちなみにアクト時ヒースは二十歳なので以降に作成されたファミリーは外見はともかく実年齢は二十歳より下になります。ご了承ください。
 今の所(アクト時代)、ガーランドの第一番はかろうじて生存してて、第二番は既に亡く、第三番はアイレクス参照で第四番は外周でお巡りさん。第五番以降は未定だけど一人増えた。アルファベットと番号が対応しないのは、正式ナンバリングされる前に死んだり不適合とされてしまうから。
 そうしていなくなったガーランドも何人もいるんですが、ハルト・ガーランドはその全てに人としての名前をつけて、自分の子供として扱っています。あと、わざわざ「きょうだい」と書くとおり、子供の性別は男だけとは限りません(笑)。

■終末の国の学制と教育事情
 幼年学校7~9歳、下級学校10~12歳、上級学校13~15歳、高等学校16~18歳。内周ではほとんどの少年少女が上級学校までは通う。(アリシアは上級学校卒業時点で就職している想定)外周にも学校のような施設はいくつかあるが、通ってない人も当然多い。
 シスル辺りはよく外周の子供たちに遊びついでに読み書きそろばんを教えてたりする。当のシスルもやっぱり学校に通った経験はないので、本当に「必要最低限」のことしか教えられないけど。シスル曰く読み書きそろばんは「言葉と数字に騙されて人生棒に振らないために必須」とのこと。

■終末のキャラ名を調べてたっぽい
 セイヨウヒイラギの花言葉「永遠の輝き」→「輝いてる? ねえ、僕、輝いてる?」っていうホリィを幻視したんだが。酸素にー触れたあーかーはー♪
 ヒースっつかエリカの花言葉が「孤独」と「博愛」なのに妙に納得したりとか。つまり二次元嫁博愛だよね。あとロータスくんが増えたので蓮についてウィキペディアさんに聞いてみたら何故かエロかった。
 ちなみに鈴蘭は花言葉が普通に似合っているので何も問題ない。でもリアルに猛毒。ヴァルキリープロファイルで鈴蘭=毒草という事実を知った人は絶対に多いはずだ!(笑)あと鈴蘭はランじゃなくてユリの仲間だってことを知ってすごく悲しかったんや……
PR

2011/12/28 21:01 | 創作記録

<<つい描いてしまった | HOME | 『空織りの庭』クリスマス短編「悪魔が来たりて」追加。>>
忍者ブログ[PR]