忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 07:24 |
不思議の国の魔女アリスとか
 むかし、むかし。
 アリス・ルナイトという名の魔女がいました。今もどこかにいるでしょう。女神が楽園を創った時代から、彼女は老いることも死ぬこともなく生き続けているのですから。
 これは、その魔女アリスがベクリスタという旧レクスの都市を訪れた時のお話です。


という書き出しになるかどうかはわかりませんが。
一応「みにくいアヒルの子」というタイトルを予定。

不思議の国の紫苑』をもうちょい増やしたいなあと企み中。
本数が書ければ二冊目を出してみたいのですが。
本にした場合のおまけネタ(断章)だけはもう決まってるんだ……

楽園を舞台にした話は全てを通してみると「年代記」なわけですが、
楽園を通時的に見る視点って案外少ないのですよね、今のところ。
一応それを担ってるのがウェイヴ家ないしカーティス家の人たちなんですけど、
彼等は語る方向性がどうもずれている上に全てを物語るわけではないので。

アリス・ルナイトは、そもそもが「物語る」キャラクタ性なので、
その点ではすごく楽園に生きた人々の物語を語るのに適した存在だと思っています。
吟遊詩人っていいよね! 浪漫溢れるよね!
いやまあ開幕ブラインドネス(反転参照)はやりすぎだと思ったよごめん……
だがアリスは反省していない。

何でいきなりアリス話題なのかというと、ぼうっとしてたらアリスとその下僕(違)の浦島(仮・「浦島太郎」参照)と、浦島(仮)が見つけてしまったアリスのストーカーについての短い話を思いついてしまったからなんだが。

ちなみにアリスの下僕にはブランとかもいるんだけどきっと気のせい。
実際、空色に繋がるアリス話も書いてみたいんですよね……ブランが元々はアリスの元にいた、っていう設定、まだ文面には起こしてないですし。
一応『窓越しグランギニョル』っていうタイトルを予定。予定は未定。
というかやるだけの余裕があるかもわからないが、勢いづいたらやる辺りが青波(笑)。

ほら、何しろ終末を見切り発車してしまった青波ですから……(遠い目)
その前に、反転よりも長く抱えている現代もの……というか深沢編を終わらせてやれよ青波。

そんな感じで今日も今日とて集中力が散漫でした(笑)。
それではおやすみなさーい。
PR

2012/01/06 00:25 | 創作記録

<<「ウェイヴ系」の定義 | HOME | あけましておめでとうございます!>>
忍者ブログ[PR]