忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 04:36 |
今書いてるのとか企画やりたいなとか
あまりに体力が足らなくて進んでいないので、ちょっとこっちに逃亡。
ちょっと前までUnlightで遊んでたのは内緒です。
何というか、ものすごく想像力をかきたてられる素敵なゲームですよね。
しかしRカード(キャラの設定がわかるカード)までの道のりが遠すぎて……。
遠すぎるためか、つい、自キャラのほうにその妄想力を持っていってしまうのが青波。
それで思いついたのがアスパラの話だってのは内緒です。内緒なんだってば。

さて、新作の『音律歴程』は短編集なのですが、まとまりを持たせるのが難しいなあと思いつつ。
あと、主人公の一人称視点が安定しない……性格はある程度決まっているとはいえ。
言葉や態度は軽いけど中身は結構アレなので。
ある意味ではいつもの青波ともいうのだけれど。
それなりに女の子は多い話になるけど、やっぱり萌え成分は少なめ。
主人公がバトルできる能力者じゃないので、バトル分も少なめ。
じゃあどんな話なのかというと……謎解き?(えええ)
嘘はついてないのですが、多分イメージとしては間違っている。
多分、主人公のノリがきちんと掴めれば一気に書けるかなあとは思っているのですが……どうなることやら。
今のところ収録予定話数の二割も終わってないので、何とか頑張るます。

もう一つ考えているのが『ラプラスの鳥籠』というお話。
短編から中編くらいの長さを予定しております。
空色から数十年ほど後の楽園を舞台に、風の魔法使い一族の当主ラヴァルが屋敷に住み着く「悪魔」を退治しようとするお話。
……すごい、これだけ書くと純ファンタジーっぽい!
でも、タイトルがタイトルなので、やっぱりいつもの青波、純ファンタジーからは片足飛び出しております。
「ラプラスの悪魔」って言葉は浪漫ですよね。とはいえ、この話は本来の意味での「ラプラスの悪魔」についての話ではないのですが……。
これは、超文学フリマかコミティアで出せたら嬉しいなあと思ってます。予定は未定っ。

あと、最近は、「バトルもの」というか「戦い」をテーマにしたアンソロジーを編んでみたいなーという衝動に囚われています。
戦いと言っても、剣やら銃やら格闘やらのアクションはもちろん、舌戦、心理戦、社会戦、ヴィークル戦(後者二つが明らかにN◎VAなのは気にするな)も何でもあり、書き手が「戦い」と信ずるものを好きに書く、というテーマで。
もちろん、考えた理由は「私が見たいから」である。
これ、ツイッターで呟いたところ案外需要ありそうなので、文学フリマ周りの作業が落ち着いたら真面目に考えようと思ってます。
青波がいつも仲良くさせていただいている物書きさんたちは、バトルに飢えていらっしゃったようだ(笑)。
本として出すのは(青波の作業予定的にも)来年になっちゃうと思いますが、今年中には募集開始できるとよいなー。

もう一つ、水面下で進んでいる計画があるにはあるのですが、これはある程度進行したら告知いたします。
一応こっちは十一月の文学フリマを目標に黙々と進んでおります。
既に「無理だろ」ってすごい目で見られてるけど見えなーいきこえなーい

そんな、やりたいことだけが浮かんでいくこの週末。
だって今週は本当に何もできなかったんだ……!
(そして今日も一日グロッキーだったオチ)
とりあえず今進めたいものを進めていくぜひゃっはー!
そして次の記事で「ヨシュア……」って言ってたら多分誘惑に負けてます。
(ついに手元に来てしまったPSPソフトを横目に)
PR

2013/02/16 23:01 | 創作記録

<<やっぱり負けてんじゃねーか | HOME | 『終末の国から』に短編「廃品街の散歩者(1)」追加。>>
忍者ブログ[PR]