忍者ブログ
八束と南雲3
ついったーのまとめその3。

「もし、ここに俺が二人いれば」
「まずその前提がどうかと思いますが」
「片方はテディベアを作りながら、片方で帽子が編めるのになー」
「仕事は!? 仕事はどこに行ったんですか!?」
■仕事なんてなかったんや

「基本うちの係に仕事らしい仕事なんてないじゃない」
「そのごく少数の仕事すら、わたしに押しつけてる現状をどうお考えですか南雲さん」
「俺の仕事まで終わらせてくれるなんて、八束はなんて有能な後輩なのだろう素敵!! と考えてる」
「その頭、全力で摩擦していいですか」
「やめて」
■摩擦してみたい

「……綿貫さん、この毛布の塊みたいなの何ですか?」
「南雲くん」
「そうだとは思いましたが、何してるんですか?」
「ブロブのまねだそうです」
「絶対誰か別の人と混線してますよねそれ」
■内輪しかわかりませんからそれ

「何か時々もそもそ動いてますね」
「ブロブですからね」
「っていうか、仕事させなくていいんですか」
「言ってやってくれるならとっくに仕事していると思いませんか」
「そうですね」
■諦めの境地

「月見里は真面目だなあ」
「南雲さんが不真面目すぎるんですよ」
「そうですよっ!」
「大体何でもかんでも八束さんに押し付けて」
「たまには自分から働いてくださいよ!」
「……八束は黙っててくれるかな」
「どうしてですか?」
「色々言われるのには慣れてるけど、ステレオは流石に疲れるの」
■月見里とは、時々神秘対策係に現れる南雲の後輩である。
 でも本来の出典は『連環楽園機構』のPCの一人、月見里朔の父親である。

八束のイラストを夏浦さんからもらったよ!!!

「…………」
「どうしたんですか南雲さん、わたしの顔に何かついてますか?」
「いや、この前元同僚から、『お前ついに中学生に手を出したのか犯罪だろ』って言われてね」
「手、出したんですか? それは流石にわたしもどうかと思うんですが」
「事実無根だし、八束はとりあえず鏡を見てみようか」
■何となく言われてそうですよね。八束……。

「南雲さんがアザラシみたいになってるー!」
「寒いから買ってきた。いいよね、着る毛布」
「いけません、それは人をダメにします! そもそも南雲さんは半分人間やめてるんですから、これ以上人間らしさを減らしてはダメです!」
「一体八束は俺を何だと思ってるのかなー」
■でもよく考えてみると着る毛布流行りだしたのもっと後の話かもしれない。
 あと南雲ってこんな感じだよね。

「南雲さんの半分は人間だと思っています」
「もう半分は?」
「甘いものです」
「否定はしない」
■それは多分すでに人間じゃない

「八束は元気だねえ」
「何ですか南雲さん。またイヤミですか?」
「俺、そんなにイヤミ言ってたっけ」
「時々、確実に悪意があると思います」
「そりゃごめんなさいね。でも、別に悪い意味では言ってないよ。八束を見てると、少しは俺も頑張らなきゃなって思うだけ」
■つらい

「たれぱんだになりたい」
「南雲さんってよく人間やめたがってますよね」
「いいじゃないたれぱんだ。ごろごろしてすあま食べてるだけの生物。憧れちゃうなー」
「でも、多分二日目で飽きる気がします」
「……まあな」
■意外と南雲は「単純にごろごろしてるだけ」ってことができないタイプ。
 だから常に手芸の腕を磨いているわけですし。

「またスーツ?」
「外に着ていけるような私服を持っていないので」
「ああ、ジャージしか持ってないんだっけか……」
「南雲さんは、私服かわいいですよね」
「もっと褒めてくれていいんだよ八束」
「似合ってはいないです」
「知ってる。昔はそれなりに見られたんだよ、昔は」
■早く八束にかわいい服を買ってあげてください。
 あと南雲の言う「昔」については甘味組曲参照。

「南雲さん、事件ですよ」
「八束なら一人で大丈夫でしょ。行ってらっしゃい」
「…………」
「…………」
「では、冷蔵庫の中のケーキいただいてから出かけますね」
「やめてあれ数量限定なの」
■冷蔵庫は南雲が粗大ごみ置き場から持ってきて修理したもの。

「できた」
「何がですか」
「にゃんぐるみ。あめしょ、あびしにゃーん、ろしあんぶるー」
「南雲さん、本当に無駄な技術力ですよね」
「にゃんこかわいいよなーもふもふしたいなー」
「すればいいじゃないですか。ここ来るまでに結構猫見ますよ」
「猫アレルギー」
「また難儀な」
■難儀ですよね(経験談)

「ほら南雲さん、待望の猫さんですよ」
「やめて近づけないで蕁麻疹出ちゃうっていうかもう出てる痒い」
「既にソファ毛だらけですしね」
「……もはや手遅れなら、いっそ心行くまでもふもふするという手も」
「落ち着いてください」
■「そこに遺失物の猫が」というコメントをいただいたので追加で。
 ちなみに八束も動物は好きです。

「俺はどこにでもいる私服警察官だし」
「南雲さん、説得力! 説得力!」
「説得力は遠い昔に江戸川に放流しました。元気でやってるかな、あいつ」
「何言ってるんですか」
■待盾市は江戸川沿いにあります。

「南雲さんの机の上がシルバニアファミリーになってるー!?」
■その時青波は『となりの関くん』を読んでいた。

「南雲さんは独身ですよね」
「確信に満ちてるな」
「奥さんがいたらびっくりです」
「俺もびっくりだ」
「自分で言いますか」
「だって怖いだろ、帰ったら知らない女が包丁持って『おかえりなさい、あなた』って笑ってんだろ? もちろん目は笑ってない」
「無駄に想像力豊かですね」
■こんなんだから嫁がいないんですよ南雲。
 いやまあきちんと別の理由ありますけど(甘味参照)
PR

2014/04/04 22:23 | 創作記録

<<つらつらとアイデアを出す | HOME | シルヴィ・ルクレールについてつらつら考えていた>>
忍者ブログ[PR]