忍者ブログ
反転の病。
F部の飲み会に行ってきました。
卒業おめでとうございまーす!


とりあえず。

聞く曲聞く曲反転に聞こえるのはどうにかしよう(真顔)。

現在の青波にカラオケは鬼門。
シン人とテレサ人と二人で悶絶してましたさ!
……コト女史ぐっじょーぶ(←)。
そしてノラ氏にこそこそ現状(セッション第十一回らへん)の反転を解説したら「某人は男前過ぎます」と言われた。
うん、私もそう思う☆
最初から読み返したら「あれ、こんなキャラだっけ」って思いました。あるぇー?

ひとまずシンは主人公らしい主人公だよなあで納得しました。
いや確かに性能とか性質は多少飛び道具ですけど、
主人公以外のものには成れないのも確かだと思うんですよね。
それにしてもシンの汎用性は異常だった。
Tommy女史の言ってることも確かだ。

ひとまず今度シン人を華麗に巻き込みつつケーキバイキングに出かけてみたいなと企んでおります。参加者募集。
単なるネタですが(←)。
ちなみに青波はバイキングだと基本的に元が取れないのですよね。
少食というか……何というか。

そういえば、反転って「現実から異世界への召喚もの」ですが、ちょっとした「俺」の台詞でわかるとおり、実は現実編も地味に現代ってより近未来です。
で、そこで思わず読んでしまった「PSYREN」五巻(←)
「あ、これ反転と時期が変わらない」
……反転の現実編は、意外と平和な時代です。はい。

あと「俺」は兄貴(十歳年上なので兄貴は青波たちとさほど年齢が変わらない)の影響でガンダム00くらいは知ってるとかね。
「兄ちゃん兄ちゃん」
「あー?」
「何でコーラサワーはやられてしまうん?」
とか、
「兄ちゃん、コーラサワー生きてたよ!」
「よかったなー、シン」
とか。
何故「俺」がコーラサワー好きなのかは知らない。
「お前、刹那は好きじゃないの? 刹那」
「刹那は嫌い。何だかよくわかんないから」
それは青波の感想である。
「ティエリアはデレたなー」
「デレたってどーいうこと? 兄ちゃん」
「それはだなー」
兄貴……(笑)。
でも別に兄貴は「俺」ほどオタクではないと思う。
アニメとかはそれなりに好きそうではあるが。現状の「俺」の人格を形作ったのは良くも悪くもほぼ兄貴なんで(←)。
PR

2009/03/08 10:58 | Comments(0) | 創作記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<カウント・ダウン! | HOME | 反転の話をしようか。>>
忍者ブログ[PR]