忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/19 16:21 |
変わるかも知れないけどエンフラのメモ
頭の中で明確なストーリーは無いけど絶対に書きたい話、『エンドフライヤー』。
一応現段階で決まっていることだけ書き出してみる。
 
エアリエル・フローウェン
愛称はエア。
妖精使いの濃い血を引き、紅姫飛空雑技団に所属する曲芸飛行士。
高速飛行も得意で、よくレースに出場している。
山吹色の髪を短髪にし、体格も小柄なため、ぱっと見少年に見える。
自身も少年を装っていることが多いが、心根はごく普通の少女で、「女の子らしさ」に憧れる。
ブランと出会ったことで、「楽園の果て」を目指そうと思い立つ。

ブラン
名前はどこまでも偽名。
エアに拾われて成り行きで大紅姫号に居候することになったホームレスの青年。
常に飛行用ゴーグルで視線を隠している黒髪の青年。
虚弱体質かつ致命的に不器用で、取り得は脳味噌だけ、と嘯く。
実際に記憶力と分析力は高く、普通には知らないことも知っていることがある。
「楽園の果て」に関する記憶に囚われている。

ダリア・S・バロウズ
大紅姫号に乗る船医夫婦・妻。
医者の家に生まれた赤毛のエルフ。
男のような言葉遣いで喋り、威圧的な態度を取るが悪気は無く、ただどこまでも正直なだけ。
癒しの術では右に出る者はいない、神聖魔法の名手。
ユークとは万年新婚夫婦だが、きっかけはダリアの一目惚れらしい。

ユークリッド・バロウズ
愛称ユーク。大紅姫号に乗る船医夫婦・夫。
アルビノで日の光に弱いため、ほとんどは船に篭っている。
物腰はおっとり穏やかでありながら、言うことははっきり言うタイプ。
人間離れした怪力を持ち、手先も器用だが、魔法は全く使えない。
口癖は「僕はダリアに会うために生まれてきたんです」。
PR

2013/01/26 21:50 | 創作記録

<<考えてるものの一部 | HOME | 空色少年物語 20:シルヴァエ・トゥリスの攻防(4)>>
忍者ブログ[PR]