忍者ブログ
本編じゃわからんので書いておく。
「放課後エリーゼ」のネタバレが含まれてるんで、何となく下げておきます。
 
基本的に本編で「語る意味のない」もしくは「彼らの知識量からして絶対に語れない」ことをだるだる書いておきます。
故に、ここで出てくる話の全てを本編の彼らが認識しているわけではないです。
むしろ知らないことの方が多いと思います(笑)。


(ハル=H、ミカ=M、センパイ=S)

ハルの「花を作る」能力の分類

H「……ぶんるい? ママは『魔法』って言ってたけど、違うの?」
M「青波の設定では分類が存在するからな」
S「例えば俺の能力は『歪曲視』って言って、『世界と世界の境界線を見る能力』で、自分ではない外の要素を由来とする能力だ」
M「逆に、『超能力』……『異能』は自分の内側から能力を引き出すものだ。人の身に余る能力を持つ者も稀にいるが」
H「ミカさんのお父さんとか?」
M「そう。あの人の能力は例外として扱ってくれ」
S「で、『魔法』って呼んでいいのは俺の歪曲視の延長線上にある能力。世界の外から力を引っ張ってくるタイプの能力だ」
H「へえ、じゃあこのお花も他の世界から持ってきたものなんですかー」
S「や、違うぞ」
H「へ?」
S「他の世界から何か持ってきてたら俺にはその瞬間の『空間の歪み』が見えるからな。だが、お前が能力を使っても何も見えねえし、根源的には違う能力なんだろ」
M「そうだな。ハルの母は単に魔法のようだから魔法と呼んだだけで、厳密な分類では全く違う能力だと思われる」
H「わ、そうだったんだ……」
S「でも、異能とするにも突飛すぎねえか。無から有を生み出すって異能は確かまだいねえんだろ?」
M「そこなんだよな……おそらく私の父と同様、ハルの能力も異能とするにはかなり例外的な能力だ。レアものって奴だな」
H「は、はわ……何かびっくり。レアなんだ、わたし……」
S「まあ、どれだけ貴重でも花作るだけの能力が役に立つとは思えねえけどな」
H「センパイ、ひどいですー」


ミカは普通の人なんですか

S「青波によれば『異能でも歪曲視でもない、ただの人間』。ただし人間としては俺やハルよりずっと優秀ってところだな」
H「ミカさんは本当になんでもできるもんね。かっこいい……」
M「そうでもない。総合成績ではセンパイに勝てないし、現国と芸術系ではハルに勝てない、っていうところだな」
S「学校の授業じゃそうかもしれねえけど、それ以外の点じゃ俺全然太刀打ちできる気しねえもんよ……」
M「まあ、要するに私は典型的な器用貧乏って奴だ」
H「あと、ミカさんってわたしとかセンパイの能力にも詳しいけど……どうして?」
M「それは私の両親や両親の友人が異能や歪曲視に詳しいからだな。私の周囲にはそういう不思議な能力を持った人間が多いんだ」
S「ミカは本人が特殊ってより、環境が特殊なのかもな」
M「一理ある。まあ、こういう経験のお陰でハルやセンパイと仲良くできるんだから今の環境には感謝しているといったところかな」


センパイの歪曲視の精度

H「精度って何ですか?」
M「歪曲視にも色々あるからな。単に霊感があるって程度の奴もいれば、はっきりくっきり幽霊や妖怪が見える奴もいる」
S「俺は後者な。見えすぎて困るくらいだ」
H「それって、結構すごいんじゃないですか?」
M「精度だけで言えば『蒼穹に手向けの花を』のノブと同列か少し下程度と青波が言っていた。確かノブのレベルになると『歪曲視の中でもレア』という話だったな」
S「そう。つまり俺は俺でレアな能力者ってことになるわけだ。敬え!」


レア度の話

H「レア度から言ったらわたしとセンパイとどっちが上?」
M「もちろんハル」
H「というわけでじゃんじゃん敬ってくださいね☆」
S「しくしくしく……」
M「センパイは特殊な歪曲視だがそれを鑑みてもレア度はハルが上」
S「歪曲視自体はどこにでもにいるからな……ちぇ」


それにしても

M「この町、能力者多すぎだな」
S「それは言わないお約束だ、ミカさんよ」
H「そんなに多いんだ?」
M「まずここに二人いて、喫茶店のマスターに私の父、母の事務所に四人、マスターの住んでたアパートに少なく見積もって四人」
H「多っ!」
S「何か絶対引き寄せてる奴がいそうだよな……青波か?」
M「青波だな」


ですが放課後エリーゼはせせこましい話であるわけで

H「でも、大きな事件は聞いたことないよ? そんなにいっぱいすごい人がいるのに、何でだろ」
M「裏で動いている組織もあるが……能力者が多い分、彼ら自身が抑止力になっているという説もある」
S「……あー、なるほどね。事件が起きればすぐ叩かれるわけか」
M「実際に叩かれた経験がある人の言葉は重いな」
H「え、センパイ、何か悪いことしたんですか? 覗きとか?」
S「うるせえ! あと歪曲視で覗きはできねえ!」
PR

2008/06/24 23:54 | Comments(2) | 創作記録

コメント

センパイ、不潔です!(笑)
posted by あいあい at 2008/06/25 00:04 [ コメントを修正する ]
すまん、それ言われる前に普通に某ブログに同じこと書いてた!(笑)
posted by アオナミ at 2008/06/25 00:18 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<反転楽園紀行 Ex:月を巡るとりとめのない話 | HOME | 放課後エリーゼ 第一回拍手分追加>>
忍者ブログ[PR]