忍者ブログ
私にとってかっこいいと思うキャラ
を、形にしても大体逸れていくという話。

最近シスル(サイトだけ見ている方にはやさしくないので解説しておくと、サイトでは公開していない崩壊未来の物語「終末の国から」のほとんど主人公的なキャラ)を書いていて特に思うんですが。
一応シスルって、見た目はともかく(←)中身はラビットリベンジなんですよね。
見た目については聞いちゃいけない。確かに色白で黒服に目を隠すサングラス的なもの、という点はほぼ一緒だが。一緒だが。根本的に何かが間違っている。
要するに「ヘタレじゃないラビット」。
あ、ラビットがわからない人は「Planet-BLUE」をちらっと覗いてみれば大体のことはわかっていただけると信じている。
ラビットについては、見た目はかっこよくてクールっぽく装ってるんだけど、実は超絶ヘタレというお兄さんです。年齢的には三十路越えてますけど。

ラビットは元々根本から「ヘタレであること」が重要なキャラなんで(そもそもそうじゃないと展開に困る)それでよかったんですけど。
シスルは逆にヘタレじゃ困るキャラクター性の人として、組み立てている、はずです。
……その割に何かかなーり天然で変な人になり始めてますけれども。
うん、わかってた。わかってたよその展開。読めてた。
何か最近ただの女好きにしか見えなくなってきたよあのハゲェ……

こう、普通にかっこいい性格のキャラって書けないんですよね。
何処かで必ずずっこけてしまう。しかも致命的に。こう、フレーバー的なずっこけ方になってないのが怖い。
反転のルーザとかいい例ですよね……あれも気づいたらただのプリン好きの愉快なお兄さんになってたし。
昔のルーザは、もっと怖くて不気味でかっこいいキャラだったはずなんだがなあ。どうしてこうなった。ただのいい人じゃねえかお前。

あと、書いてる側としては結構かっこいい系だと思ってるけど絶対に理解してもらえる気のしないブランとかね。(それは理解してもらえないだろ)
ちなみに、ブランは「見た目は美形じゃない」ことに意味のあるキャラです。(お前)

いや、何でこんな話題をしたのかって、
単にPB軽く読み返してみて「PBのれいせぷたーって案外普通にかっこよく取られるタイプのキャラじゃねーのか……」って驚愕したところにあるんですがね(笑)。
こう、作者当人が全く意図してない部分でかっこよくなっちゃうこともある、という話でもあるのです、よ……難しいなあ本当にこんちくしょう。

PBの一番の男前はトゥール・スティンガーだと思ってますけど。(←)

というわけで机上と課題に戻ります。
PR

2011/04/23 20:58 | Comments(0) | 創作記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<異世界情緒。 | HOME | きっと誰にも理解されない。>>
忍者ブログ[PR]