忍者ブログ
過去の創作品について語るターン
「#RTされた数だけ過去の創作品について語る」

らしいので、8RT分語ってみました。
サイトにはあるけど世界観変わってるものだったり、
改稿したいんだけど放置したままになっているものを中心に。
 
いくつかはここに載せてますが、キャラ名や状況が似てても世界観が全く異なります。
要するに別のお話です。ご注意下さい。

■『WIND SEA』
すべての元凶。小学校五年生辺りから考えてた話。
「空を飛ぶ魔法」を持つ機械魔道士エナ、空を飛ぶことを夢見る天才僧侶シェル、魔導学者であり優秀な剣士でもあるウィルの三人が、空を飛ぶ方法を探す冒険ファンタジー。
楽園世界観でも書きたいなーと思いながらずっと書けてない話。
基本的にスレイヤーズの影響を受けすぎだと思います。
でもタイトルはワイルドアームズで「空=風の海」っていう表現に惚れたから。
元々は漫画で描いていたのですが、途中で小説にシフト。そして未完。
現世界観だと、ウィルは普通に出てきてますし、シェルも名前だけならあちこちに登場するんですけどね……。
エナ書きたいよエナ。青波には珍しい、女の子らしい女主人公なのです。

■『Deadperson Marionette』
WSの後日談。これは高校の時に書いた話だと思われ。
珍しくきっちり完結している、ダークファンタジー中編。ダークというよりハードボイルドかもしれない。
地図に描かれないスラム街『灰の町』を舞台に、神殿から盗まれた禁呪『デッドパーソン・マリオネット』を追う魔道学者ヴァルナと盗んだ男・鋼鉄狂、そしてその周囲が織り成す物語の顛末。
初代鋼鉄狂と言ったら大体この話に登場する鋼鉄狂のことです。
また、現世界観にも存在するアリス・ルナイトが登場する話でもあります。この当時は不老不死じゃなかったけど。
一応現世界観でもこれに相当する話は想定してるんですが、書くのはいつになるかなー。

■『彼方の月』
WSの後日談みたいな話その2。後日談といっても数百年経ってますけど。
中学二年くらいから書いていたと思います。ノートに。
飛空艇技師を目指す少年クァルが、不思議な男ブレイブと出会い、古代遺跡『三日月』を目指す幻想譚。
何となく、御伽話のような雰囲気で、のんびり進んでいきますが……手放しのハッピーエンドとは言いがたい、そんなちょっと悲しいお話。
少年の一人称で短い話を何話も連ねていく、というスタイルは小説版『火星物語』の影響です。
これは完結していて、ラストの後味は今でも結構好きだったりします。
多分楽園世界観では『はこぶねのエピタフ』というタイトルで書くと思う。
楽園にはブレイブ相当の存在がいないので、ストーリー大幅に変わると思いますが。

■『シアワセのテイギ』
ええと、現世界観の『空織りの庭』シリーズに当たる話です。学園ファンタジー。未完。
学園ものだからといってキャラを増やしすぎて結局断念したという例。
基本的には、変な物理教師ターキス(現世界観ではカーティス、セイル母に相当)と、その「弟」であるノーグ、そしてターキスが担当している子供たちがドタバタするお話。
ターキスが全体的にはっちゃけてて、書くのはものすごく楽しかったです。
正直『空織りの庭』もこんな感じでもっとさくっとした短編を書きたいなーと思ってます。

■『妖精画家のパレット』
現世界観では『レベンタートの妖精使い』に当たる話。
むしろレベンタートに登場した「画家」のエピソードを切り取った話、と言うほうが正しいのかもしれません。
上述『シアワセのテイギ』から、旧『空色少年物語』の間にある話で、画家になったかつての少年と、その友人を巡る十の断片的な物語です。多分元々は拍手お礼だったんじゃないかな……。
こういう、ファンタジーファンタジーした話は最近書いてないなあ、なんてちょっと思いつつ。雰囲気はお気に入りなんですけど、今の自分に書けるだろうか。

■『空色少年物語』(旧)
はい、問題の作品来ましたよ! 高校~大学まで書いてたやつです。
今よりかなり明るいセイル、今よりもうちょっとヒロイン具合が高かったシュンラン、ツンデレ具合が高いチェイン、そして今よりずっと話の通じるかっこいいブランが見たい方はどうぞこちらへ! 永遠に未完ですけどね!!
現世界観において、ディスがどれだけセイルとブランを甘やかしているのか、よくわかると思います。
でも今のバージョンは今のバージョンで書いてて楽しいのでよいのです。やりたいことが同じだけで、全く別の話だなあ、って思いますけどね!(笑)
ちなみに、当時「カーティス」は鳩の名前でした。今は「フォッカー」だけど。

■『Planet-BLUE』
「アルビノのおにーさんと、義手のおにーさんと、可愛い女の子が書きたい!」
……あとそこに『CLOVER』への愛を加えておく。
そういう「書きたいもの」を好き勝手に混ぜた結果の、遠未来SFファンタジィ長編。
確か高校から大学に書けて書いてました。
改稿したいなーと言いつつさっぱり進んでませんすみません。
書き始めた時点で終着点が決まっておらず、ラスボスは50話くらい書いて初めて決まった、という体たらく。そう、奴は完全に噛ませのつもりだったんだ……何故ラスボスになった……。
あと勝手に主人公に兄が生えたりもしました。いい思い出。
何が凄いって、それである程度きっちり完結してるってところだと思う。今の俺にそれはできない。

■『P3S』
最初かいてた時は『P3』だったんですが、何か某ゲームを思い出すので、もっと正式名称に近づける意味で『S』を付与した……はず(『未開惑星探査班』の頭文字なんだと思う)。
未開惑星探査班なのに未開惑星探査しない連中のぐだぐだなコメディもの。
一応Planet-BLUEの十年前の話なんだけど、登場人物完全に別人っぽくなっているのはご愛嬌。
元々は高校時代にファンタジィ部の部誌用に書いていたシリーズです。
これも、また書き直したいなあ……主人公クレスとレイの身も蓋もない漫才を再びこの手に。


そんな感じで全八作について語ってみました。
多分リサイクルというか、現世界観にあわせて書いたり、改稿したりすることもあると思いますが、その時には頭の中リセットして読んで頂ければ嬉しいです。笑。
ではでは、RTありがとうございましたー!!
PR

2013/02/07 21:41 | 創作記録

<<『終末の国から』に短編「夢から覚めたその後で。」追加。 | HOME | 『終末の国から』に短編「アリシア・フェアフィールドのひろいもの」追加。>>
忍者ブログ[PR]