忍者ブログ
COMITIA107ありがとうございました!
何だかものすごく遅くなってしまいましたが、COMITIA107ありがとうございました!!

今回はいつもイラストを担当してくださっている夏浦さんと一緒に参戦しましたが、いつもよりかなり多く足を運んでいただけた印象があります。もしかしたら『文芸めぐり』の効果だったのかもしれません。今回、アンソロの統括もやりながら、こんな素敵なイベントを組んでくださった藍間さんには、いくら感謝しても足りません。
そして、ペーパーも、今までは150枚くらいが最高記録だったのですが、ついに200枚配布に成功いたしました。ティアは文学フリマに比べるとペーパー配りには苦戦するので、200は快挙だと思います。
まあ、この見た目だったからかもしれませんが。

夏浦さん曰く「渡したあとにニヤッとしてもらえるのはかなり嬉しいですね」とのこと。ただ、今回がこれだけのインパクトだったので、次へのハードルが上がった気がします。怖い。
……また、いつもながら、うるさくしてしまい、お隣のスペースの方にはご迷惑をおかけしていた気がしてなりません。すみません、大目に見てくださりありがとうございます。

さて、今回の新刊は『甘味組曲 Extra Sweets Remix』。
オンライン文化祭2013参加者様ならご存知と思いますが、甘い純愛ストーリー、ではあるのですが(純愛であることは別に嘘じゃない)、後味はとんでもなく苦いと評判のアレです。
早速読んでくださったトオノさんの感想が、本編より面白くてちょっと悔しいです。
あと青波のパターンを把握しているむしさんは「ですよねー!!!!!」って仰ってくれました。むしさんならそう言ってくれると信じてた。
この本は隙を見て架空ストア様に委託したいと思いますので、通販をご希望の方は是非そちらでどうぞ。
また、今回参加させていただいた背中合わせアンソロジー『アルギエバ』は、噂どおりの鈍器っぷりでした。しかし軽い。さすが美弾紙ノベルズ。青波は所謂「鈍器枠」として、おそらくほぼ最長の作品を寄稿しております。そして実は今回の新刊『甘味組曲』とリンクしてます。よかったら是非ご覧になってください。
現時点で途中まで読んでますが、本当に面白いです。背中合わせというテーマが好きなだけになおさら。オススメです。

そういえば、今回初めてティアで「見本誌を見て」来てくださった方がいました。音律でした。
音律は何だかんだで目を引いているみたいで嬉しいです。本当に。
また、新刊を「ほのぼのですか?」って聞いてくださった方を騙すのが正直心苦しかったので、その時だけは「途中までは……」って言っちゃいました……。代わりにアメガタリをオススメしておきました(笑)。
空色をお求めにきてくださった方もいて、空色は現在扱っていませんという時の辛さが半端ないです……。頑張って最終巻出します。そして改稿します。頑張ります。

そして、イベント後はむしさんと、むしさんのところで売り子をしていたもそよらさんと一緒に飲みに。
今回は主に定期更新ゲームの奥深さを知りました(笑)。
今度是非むしさん、もそよらさんとTRPGがやりたいです。絶対に面白い。
というか、翌日休みの日に是非べろべろになるまで飲みたいです。
色々面白いお話ばかりで、すごく幸せな時間でした。

さて、次のイベント予定は5月5日のCOMITIA108です。
文学フリマには出陣しませんので、お間違いなきよう。
現時点で新刊が出るかどうかも怪しいので、あまり期待はしないでください……。
今の目標は、実のところ夏のティアですので。
五月も何かしらは出したいとは思っておりますがっ。
それでは、今回は本当にありがとうございました、また次のイベントでお会いしましょう!
青波零也でした。
PR

2014/02/08 22:48 | 創作記録

<<空色少年物語 25:未来視の地平(3) | HOME | 空色少年物語 25:未来視の地平(2)>>
忍者ブログ[PR]