忍者ブログ
Ex:携帯電話
「これは何と言うのですか?」
 ヒナが聞いてきて、俺は横になったままふとヒナの視線の先にあるものを見た。枕元に投げ出されていた、薄っぺらいモスグリーンの直方体。そういや俺も『楽園』じゃ似たような色のマントを羽織っているなと思う。
 緑色は好きじゃないはずなんだが、何故か縁がある。そういえば緑と縁って字は何となく似ている。そんな風にどんどん逸れていく思考を元に戻し、説明をする。
「携帯電話。ああ、そっか。向こうにゃこういうのもねえんだよな……」
 そりゃそうだ、『楽園』じゃ機械はご法度。鋼鉄狂ならともかく、ヒナはこんなもの目にすることもないだろう。それに、向こうの機械が存在した時代に携帯もあったという保障はないし。まあ無線みたいなもんはあっただろうと思うが。
「こいつはな、遠くにいるやつと自由に話をしたり、伝言したりする機械だ。あーっと、鋼鉄狂が俺に渡してくれた石みてえなもんだな」
「意思の石ですね」
「んなふざけた名前だったのか、あれ」
 俺が苦笑しながら言うと、そう思うのはあなただけですよ、とヒナに笑われる。何でだかわからないから首を傾げてみるが、ヒナの意識は既にモスグリーンの直方体に戻っていた。
「それで、これを使って誰とお話するのですか?」
 多分。
 そりゃあ他愛の無い、質問だったのだろう。
 ヒナにとっては。
 だが、俺にとってはそうでもない。ここ何ヶ月も着信の無い履歴を思い出しながら、俺は携帯に指先を伸ばして、強く握りしめる。指先に感じられる温度は、やけに低かった。
「……話す相手なんていねえよ」
「そう、なのですか?」
「別に、それ以外にも使い方はあるしな。こいつはちっぽけに見えるが何でもできんだよ。テレビも見れればネットにだってつなげるし……って言ってもわかんねえよな、そうだよな」
 小さい声で呟いて、俺は何だか自分が言い訳しているような気分に駆られて、頭を掻き毟りたくなる。
 電話帳を開けば、きっと見たくも無い連中の名前が並んでる。俺が友達だって信じてた連中の名前を見て、俺はきっと携帯を投げ出したくなる……全く、半年経ってもこれかと思いたくなるが、その辺は多分いつまで経っても変わらないだろう。
 変われない、だろう。
 変われたとして、変わりたいとも思わない。いや、いつかはこの状況をどうにかしなきゃならないとは思うが、それは今じゃなくていい。今はただ、ヒナとこうやって、下らない話をしながら眠りにつければいい。
 今の俺にできることは『楽園』を救うこと。
 ただ、それだけを考えることに、する。
 そんな風に思って見上げてみると、ヒナが無表情のままじっと俺を見下ろしていて。
 俺は何故か。
 胸に妙な痛みを覚えて、ただ目を伏せることしかできなかった。
PR

2008/06/14 20:00 | Comments(0) | 小説断片

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<主人公の思考回路。 | HOME | グラスホッパー。>>
忍者ブログ[PR]