忍者ブログ
Twitter300字SS「声」

 目が覚めたら名前も出自も何一つ思い出せない上に、変な場所に軟禁されていて。脱出のためには、施設に散らばる記憶を集める必要があるという。
 理不尽。不可解。状況を表す言葉には事欠かない。記憶を集める、という話だって、真実かわかったものじゃない。
 だけど。
『ユークリッド?』
 頭上から降る、僕の「仮名」を呼ぶ姿なき声。
『どうした、調子が悪いのか?』
 僕を導く天からの声。温もりと、胸の痛みを呼ぶ、声。
 あなたの声を知っているはずなのに、思い出せない。思い出せないということが、何よりも僕の胸を締め付ける。
 だから、僕は前に進む。胸に渦巻く思いの意味を知るために、歪む顔を笑みに変えて。
「いえ、大丈夫です――ダリアさん」

========================
Title: あなたの声が思い出せない





【蛇足】
・今水面下で執筆中の『XXXの仮想化輪廻』についてのお話です。
・記憶喪失の青年ユークリッドと、天の声ダリアのやり取りを300字で切り取ってみました。

・仮想化輪廻完成版は多分……秋には……連載開始したい……感じです……。
PR

2016/08/06 22:44 | 小説断片

<<自分用ウディコンメモ(随時加筆) | HOME | 青波は何を書いているのですか(修正版)>>
忍者ブログ[PR]