忍者ブログ
『終末の国から』に短編「おとどけものです!」追加。
終末更新しますよー!

今回の更新は砂紅果香さんの短編「おとどけものです!」。
終末無料配布本、三冊目に収録したものです。
郵便屋アネモネがまだ小さかったころ、父とのふれあいを描いたお話。
小さいアネモネがなまらかわいい。

アネモネは短編「郵便屋さんのおとしもの」、またオフラインで発行している、同世界観の短編集『千刺万紅』にも登場しているので、気になった方は是非そちらも覗いてみてくださいね!
(『千刺万紅』に関しては、いくつかの作品はサイトの方にも載せたいと思っていますが、時期は未定)
葡萄色の髪を持つ、可愛いけれど結構したたかな郵便屋さんです。シスルのお友達の一人でもあります。
彼女のエピソードは、主に砂紅さんの領域なので、青波はによによしながら正座待機中であります。
(時々終末ついったの方では青波が彼女についての記述をすることもありますが)

まあ、全裸待機している場合ではなく、自分も次の文学フリマで配布する終末本に向けて色々考えなければならないんですよね! 頑張ります。
あと、ちまちまと『終末の国から』のページのキャラ紹介は増えたり記述が増えたりしているので、気が向いたら是非覗いてやってくださいませ。
PR

2012/06/13 20:26 | 更新記録

<<小説を書く時に気をつけてることとか | HOME | 長編小説を最後まで書くということ>>
忍者ブログ[PR]