忍者ブログ
アオイロソウビ Chapter 4 (6)
軽く、ものすごく軽く。
楽園という世界観のあり方に言及しているのだけれど。
それを理解してもらえる気はしない、第四章六節、更新です。

物語の最後はセイルの視線から。
青い海に旅立つスノウの背中を見つめる、そんな話。

だからこそ、この物語は海が一回も出てこないのに「航海」なわけです。

「sail」という単語が使いたかっただけと言うのは気のせいとして(をい)。
いい言葉じゃないですか。航海、冒険の象徴ですよ。
ええ、そもそもは意味なんて考えずに名前をつけたなんて内緒ですけど!

というわけで次回、Sailing against the Wind、第七節。
魔王イリヤが導くのは、誰も知らない世界への旅路。
さあ、その手を取ろう――

これは終わりじゃなくて、始まりなのだから。
PR

2010/09/08 20:58 | Comments(0) | 更新記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<空色少年物語 06:襲撃(3) | HOME | ふう……>>
忍者ブログ[PR]