忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 08:08 |
反転楽園紀行 035:静かな町だったはず
か、書けたー!
新章なのでちょっと難産だったのです。
……というか、長い一日をどこまで描くべきか悩んだというのが。
ここから先はとんとんと進めばいいなあ。
一話分遅れてるので書き次第UPしますね。

次回新ヒロイン登場。(大嘘)
まあ、ステージが変わるたびに一人以上女性を増やすってのは本当ですが。
青波は油断すると男キャラしか増やさなくなるので。
そして気づく。

この話、シン以外に少年がいない、と。

いやまあ、現実編にはいるんですけどね、カツとか。
あと現実編になると「俺」が到底少年には見えないという罠。
一応十七歳の少年なんですけどね……

魔法とか魔物とかの設定もUPした方がいいのかなあ。
その辺はまだちょっと考え中なのです。
何しろ「シンが理解している部分まで」しか書けないので。
空色までお預けでいいかなー。(いつになることやら)
 
 
 おい、手前ら。
 黙って聞いてりゃ勝手なこと言いやがって。
 お前のせいで? お前がいたから?
 そんな証拠がどこにある!
 手前らみたいな奴がいるから……っ!
 
 NEXT>036:忌まれし者
PR

2008/08/21 00:16 | Comments(0) | 更新記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<僕とシンの人、そして銃使い。 | HOME | 花火大会のお知らせ。>>
忍者ブログ[PR]