忍者ブログ
蒼穹に手向けの花を B01:出会いはいつも偶然(1)
第二部《BLUE - 2003 Summer》開始っすよー。
ずっとアサノ書いてたのでアサノ口調がうつりました。

REDとは全く雰囲気の違う話ですが、確かに物語はREDから引き継いでいます。
っつか何やってんのあの男、って感じですね(いい笑顔)。
ひとまずREDはノブ視点であり、BLUEは新キャラ、アサノ視点の物語です。
アサノはノブとは少々違って、初っ端から駆け出す程度の勢いを持った女の子です。
だけどノブとの決定的な違いは……
まあ今まで言っていたとおりですが、後でわかるでしょう。

この話はBLUEから読んでもある程度理解できるように書いたつもりです。
そのため、RED読んでない方はBLUEから追いかけてもよいかもしれないです。
(REDはある意味BLUEに至った経緯の話なので)

ちなみにアサノは『元神様と放浪作家のイビツな関係』に地味に登場しています。
イビツはBLUEより後の話なのですが、こうなった経緯は今回は語られません。
あとこっそり「展示」ページの四コマとかアサノですが。
あれも大体イビツの時期の話なので今回のアサノとはちょっと立場が違います。
その辺の話も書かなきゃなあ……

とにかく、蒼穹に手向けの花を・第二部、夏いっぱいの更新となります。
お付き合いいただければ幸いであります。
PR

2008/07/22 23:11 | Comments(0) | 更新記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<頭から離れない歌。 | HOME | 大人買い。>>
忍者ブログ[PR]