忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 11:09 |
『XXXの仮想化輪廻』本編「Layer_3/ Senescence(6)」追加
そろそろこっちでもきちんと更新報告しようね青波。

というわけで、長編SFファンタジー『XXXの仮想化輪廻』、
真相が明らかになる「Layer_3/ Senescence(6)」追加しました。
以下は今回更新分のネタバレなので、読み終わってからどうぞ。


PR

2017/02/24 06:28 | 更新記録
『時計うさぎの不在証明』二章一節「ある日の予感」追加。
というわけで始まりました、
時計うさぎの不在証明』第二章「ワンダリング・ウォーターインプ」。
第一節「ある日の予感」は珍しく全体が南雲視点です。
南雲の嫌な予感はとてもよく当たる、という話。
嫌な予感がするのに回避できないという話でもあります。
……まあ、南雲、何だかんだでお人よしだからね。仕方ないね。

今回は毎週火曜日の更新になりますので、
よかったら是非ちらちら覗いていただけると嬉しいです。

2016/04/19 13:05 | 更新記録
『千刺万紅』本編「火曜日の書窓 - Maria Lovelace」
千刺万紅』本編「火曜日の書窓 - Maria Lovelace」全編追加完了しました。

「火曜日」と題した第二話はマリア・ラブレス章でした。
出会いと謎めいたやり取りだけで構成される物語。
過去に少しだけ登場しているマリアですが、実のところ彼女の物語の本番は全てが終わった後なのかもしれません。
また、彼女が語る「アルベルト・クルティス」についても、どこか頭に引っかけておいていただけると、この物語ではない「どこかの物語」に響いてくることになります。
この『千刺万紅』はシスルの目を通してしかものを語れないので、彼女の物語についてシスルは全てを知ることはない。そういうことなのだと思います。

次回「水曜日」は、終末の国シリーズ全てを通しても初登場の梔子。
彼女自身の物語は、今回語るのがおそらく最初で最後になります。
(実は例外があるのですがそれは後ほどどこかで言及することがあるでしょう)
お楽しみに。

2016/02/28 13:34 | 更新記録
『時計うさぎの不在証明』番外編「チョコレート・パラノイアその後」
mis0noさんに『甘味組曲』を朗読していただいておりました!
 
mis0noさんのTwitCasting
 
今までありがとうございました! 甘い!! 改めて甘いな!!
本日はバレンタインなので「チョコレートクッキー」と「トリュフチョコレート」の二作でした。
チョコレートクッキーはタイトルに反してチョコレートクッキー出てこないことに今になって気づきましたよね。主に真っ黒な何かと黒いぷるぷるした物体の話だよね。

というわけで(?)自分も昨年ブログに書いてたバレンタイン話を『時計うさぎの不在証明』に追加しました。
チョコレート・パラノイアその後」。
番外編「チョコレート・パラノイア」(未掲載)のその後の話ですが、「チョコレート・パラノイア」未読でも全く問題ないぐだぐだとした話です。
彼女といちゃいちゃしながらチョコレート作ってたアキが、五年くらい後になるとこんな感じになってます、という例かもしれません。
ちなみに昨年も書きましたが、このチョコレート実在してます。かわいかった。

2016/02/14 18:25 | 更新記録
『千刺万紅』本編「月曜日の狂騒 - Alicia Fairfield」
千刺万紅』本編「月曜日の狂騒 - Alicia Fairfield」全編追加完了しました。

きちんと解説していなかったので、ここで一応解説しておきますと、
『千刺万紅』は砂紅果香さんとの共著で制作した短編連作です。
ちなみにどうやって一緒に書いてたのかは最後にきちんと補足します。

「月曜日」と題した第一話はアリシア章でした。
『音律歴程』にも登場する新聞記者アリシアは、終末の国の中でもそれなりにメインに位置するキャラクターのはずなのですが、なかなかきちんと描く機会に恵まれなかったなーと思っております。
これからまた彼女を出していきたいとは思っておりますので、はらはらしながら見守ってやっていただけると嬉しいです。

次回「火曜日」は、確か『終末の国から』の短編に一回だけ出てきたかな……マリア・ラブレス。
実は相当重要な立ち位置にある彼女についての物語です。お楽しみに。

2016/01/29 22:18 | 更新記録

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]