忍者ブログ
鋼の映画を見てきたよ。
今日は映画館でもらえる特典目当てに(をい)「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」見に行くことにしました。
……あんまり騒いでないから知られてない気がしますけど、俺、鋼大好きですよ。
鋼鉄狂の外見指定に「エドワード・エルリックみたいな」って言う程度には大好きですからね!(それもどうかと)
やっぱりストーリー運びの上手さであれに敵う長編漫画はなかなか無いと思うんですよ……

というわけで、砂紅女史と合流して池袋へ。
何だか色々おまけまで頂いてしまった……可愛いなあエド可愛いなあ。

そして、以下はネタバレには多分なってない感想。

・ヒロインはどちらかというとかっこいい系だ。
・というかこの世界の女性は大体強い。
・可愛いだけのヒロインはこの世界では生きていかれないのだ。(例:ニーナ)
・錬金術師の弱点って完全に手だと思うしそれを実践してみせた皆様。
・ノーグ! ノーグじゃないか!(←)
・ブラックドッグ・サラマンダー。ってそれ何処が錬金術師なの。
・アルの体はいつものことながらミステリアスすぎる。
・……やっぱりそっちですよねわかります。
・錬金術師の弱点は完全に手だt(二回目)
・って、結局どっちも頭おかしかった、だと……!?(爆笑)
・今回、エドが一番まともに見えてしまう辺りで察して欲しい。
・でもまあ、確かにエドは「個」の人だよなとは思う。こう、集団の考え方に向いていないというか。それは経歴とかもあると思うけど、そもそもの性質として。
・そんなにアレを量産しないでいただきたい。
・マスタング大佐マジ救護班。ウィンリィまでつれてきてる辺り完璧だ。
・アルは天然タラシでいいんだよね? 俺はあいつの将来が不安だ。
・何だかんだで映画らしいスケールの素敵なお話だったなぁと。
・鋼の世界観はやっぱり好きだなー。町の造形とか凄く好き。
・で、セイル。どのお兄ちゃんがいい? オススメはアルバート。

途中で混ざる空色妄想は気にしないでいただきたい。
でも、映画見た後に砂紅女史と話していたんだけど、空色少年物語って結局とある一人の男が己の望みを叶えようとしたことがきっかけの物語なんだなあ、と。
ただし、その男が望みをかなえるためにやたら回りくどいことをした上に一番大切なひとの気持ちもわかってやれないダメな子だったために空色の状況が生まれている、と。
とりあえずお前は全員に踏まれていい。



そして帰りについつい「クロスロオド」の7巻まで古本屋で買ってきてしまった……
いや、何かずっと絵が可愛いなぁと思って気になってて、バトルものだと聞いて「えっ」となって、それで1、2巻だけ買ってみたら主人公兄妹がすごく素敵だったからついつい続きが気になってしまった。
あと主人公のカラーリングが好きだ(だと思ったよ)。
PR

2011/07/02 17:09 | Comments(0) | 視聴記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<迷走探偵秋谷静■神隠し論題 | HOME | ロストエデン二回目>>
忍者ブログ[PR]