忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 08:02 |
リス記7
次回で最終になるかもしれない。
リス記です。
正確には「テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士」プレイ日記です。

――「ラタトスクの騎士」なんて。
そんなもの、存在しないというのに。
というわけで八章サブイベントまでは全終了しました。
あとは最終ダンジョンと決戦を残すのみでございます。
一瞬「遺す」と変換されてしまって涙腺崩壊しそうになった。

というわけで以下ネタバレー
 
何がやばいって、日記を「遺す」って書き方をしてるんですよあの子。
「エミルです。いや、ラタトスクかな。」という書き出しもこう、やばい。
スキットの「最期の想い出」もダメだろあのタイトル、内容も含めてだけど!

というわけで七章終了、八章突入――
ついにエミル=リスであることが確定しました。
やっぱりリスは思い出してたのか。
あそこでリスが「アステルが死んだとき」って言ったのは、自分(リス)はコア化しただけで死んでないから、だったのか?
その辺のニュアンスがつかめなかったのが痛い。

こう、アイデンティティの問題は大好きですハァハァ。
前から言ってるけどね!
自分が書くときは大体いくつかの方向性を持ってるんだけど、
(大体難しい問題なのだから、結論なんて一つには絞れませんて)
リスはその辺に掠ってるのでハァハァできます(笑)。

あ、微妙にリスとエミルの関係がディスとセイルじゃなくて、
三日月と兎に見えたのは内緒だ。
まあ奴らの場合は擬似人格も何も兎がわざとやってんだが。
あと三日月の方が擬似だよな、PBの場合。
閑話休題。

そしてリスと相対した時のエミルの決断と。
エミルの決断を言わなくても察したテネブラエが切ない。

決断後のエミルが仲間たちと対話するイベントで既に「あーあーあーあー」ってなってて。
そして、ルインのイベントで涙腺崩壊したんですよ。
何と言うか、終わりが見えてるのに。
エミル的には、もうやり直せないってわかってるのに。
手を差し伸べられちゃうあの感覚に、胸を締め付けられてしまった。
そして広場のロイド像を見上げて笑ってるエミルを見て、ぶわっと来た。
テネブラエとのスキットがまたもう、もうね!

自分自身を封じるために、ただ前へ。
その悲壮な決意を決して外に見せないエミルが、好きだ。
そしてそれを察してきちんと釘を刺したリフィル先生にさすがとしか思えない。

マルタと夜に会った時の会話でまた涙腺がやばい。
お前ら……!
もう言葉を失うことしか出来なかった。

あ、ちなみにエミルの決断の方向性は好きですけど許せないタイプです☆
あるんですよ、「好きだけど許せない」。
で、青波、オチとしてこのフラグ折れること知ってるんで遠慮なく涙腺崩壊しときます。(真顔)
まあ、折れたところで微妙というのはありますが、それはそれ、これはこれ!
きちんと自分と相対してくれればそれでいいんだ自分は!

自分はシンフォニアゼロスエンドだった子なので、
ロイドのサブイベントはもちろんゼロスを選択しましたが。
やっぱりゼロスはいいな。
言葉は軽くて、でもきちんと言うことは言ってくれる兄貴分。
ブラン、少しは見習え。お前は方向性を間違いすぎた。

あとロイド仲間になった瞬間に面白いキャラになるのやめてください。
鍋に自作のブレスレットを景品として入れないでください。
人妻に不倫しないでください。
ついでにスケベ大魔王の二代目襲名させないでください。
エミルの叫びが切なかった。

あー、しかしやばいね。本当にやばいね。
これ、自分好み過ぎる。(笑)
実は今までのテイルズの中でも随一の「自分好み」な作品かもしれない。
そもそもが番外編だから、そこまでストーリー的補完をしなくていいってのもあったのかもしれないが。
主人公とヒロインの関係性が好みすぎる。青波にしては珍しいぞ!
歴代主人公とヒロインで好きなのって……それこそロイドとコレット? でもこれ実はシンフォニア時にはそこまでじゃなかったんですよ、実はレディアントとバーサスプレイした辺りで萌えたんです(笑)。間違ってるなー……
と、いうかですね。

何故エミル、バーサスに出なかった。(真顔)

リヒター出てきても俺嬉しくないんだけど!
まあキャラ性格的にはルカとびみょーに被るのかな……リスはともかくとして。
リスとの切り替えが面倒だったのかしらん。
ルークにはきちんと短髪と長髪用意されてたのに!
これが正式ナンバリングとの違いか……!!(こらこら)

まあそれはそれとして。
エミルの心境変化が「わかりやすい」ってのもいいのかも。
とりあえず周囲に影響されやすいというか、何というか。
そういうキャラだったのも、実はよかったのだと思っている。
あの世界の描き方というか、ストーリーの描き方的に。

はー、それにしても。
――シュンランも、もう少し女の子っぽければ。
いやだってあれセイルよりよっぽど「男前」だろ。(真顔)
せめてセイルがジーニアスのようにプレプレ言ってればいいんだが。そうもならないし。
って前にもこの問題で相当コメント欄が埋まったが!(笑)

さーて。最終ダンジョン突入前にセーブしましたし。
残りは今月中にクリアするとします。
一応トゥルーエンドのフラグ立ててあるんで、トゥルー見て、可能ならバッドも見たいところです。
……正直、単独戦闘苦手だから嫌でもトゥルー見る羽目になりそうですが(こら)。

で、でも絶対に最終戦闘には勝つんだ!
あの勝利台詞を聞くために!
というわけで作業にもどりまーす。
PR

2010/06/20 17:11 | Comments(0) | 遊戯全般

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<あたまがわいたあげくに | HOME | リス記6>>
忍者ブログ[PR]