忍者ブログ
シンと俺の話。
反転主人公シンがどんな人か、っていう話。


シン人「シンはー、きゃんきゃん吠える臆病な小型犬のイメージ?」
青波「ロングコートチワワ!?」
シン人「なかなか懐きません。無駄吠えが多いです(笑)」
青波「あー、マジで警戒心強いもんねあの子」
シン人「しかし餌をくれた人に懐きます」
青波「ダメじゃねえか! 単純すぎだ勇者!(爆笑)」

世界を変える剣のディスコードは野生のリスだし、
魔女を倒す勇者様であるシンは臆病なチワワ。
何かもういよいよダメかもしれないよ『楽園』。
まあ、いつものことではありますが。

青波「しかしシンというか『俺』は大食いな上に偏食だよね」
シン人「あの食生活で元気な理由が意味不明ですもんね」
青波「やはり『俺』の体は不思議な力に守られているに違いない」
シン人「浄化能力っすか!?」
青波「何食っても太らず健康を維持してるってのはやはり特殊能力だよ」
シン人「何て便利な能力なんだあの男!?」

いや、別に偏食じゃないんですけど。
(特に嫌いな食べ物があるわけじゃないんで、あの人)
ただ好きな食べ物が全体的に偏りすぎだという。
シンはともかく、『俺』が細身で健康を保ってるのがありえませんて。
何しろ職場の鍋パーティでは「一緒に鍋つつくとお前一人で平らげかねんから」というアホな理由で一人だけ別の鍋が用意される男ですからねアイツ。
(これは反転とは全く関係ない設定ですが・笑)
しかも自分の分を平らげた後遠慮なくデザート食い始めますからね!
もちろん自腹は切りますが。その辺は空気を読む。

量を食わなくてもまあ何とかなるけど、量食えればなお嬉しい。
実はそういう思考回路の『俺』なのである。

まあ反転じゃそういう素振りは見せませんけどね。
でもこっそり色々食ってます。
食事シーンが多いキャラではあるんだよな、『俺(シン含)』って。
気づいたら屋台のおばちゃんから何か食い物貰ってたりね……
(セッションではそういうシーンが普通に何度かあった・笑)
PR

2009/02/24 02:13 | Comments(0) | 創作記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<第九回「死者は黙しただ夢を見る」 | HOME | うがあああ。>>
忍者ブログ[PR]