忍者ブログ
読書記録:『デッドライン・アライバル』
『デッドライン・アライバル』
著者:ω さま
サークル:イヌノフグリ
ジャンル:現代異能ファンタジー

一瞬ジャンル欄(これいつも青波が適当に書いてます)に「探偵バラバラ本」って書こうとして何とか踏みとどまりました。
だって探偵バラバラ本って作者様も仰っていますし!
※テキレボのウェブカタログには現代異能ファンタジーって書いてあったでしょ青波

こちらは、探偵……に形から入りまくってる、ちょっと奇天烈なお兄さんレオン=アライバルのお話。冒頭の、事件について滔々と語るシーンの展開にめちゃくちゃ笑いました。これは……依頼人も……キレて仕方がない……。誰だってキレます……。
しかし、このアライバル氏、探偵としては超ダメダメなのにめちゃくちゃ優秀な魔術師なんです。一方で、本人は、魔術の世界とは離れた、普通の(殺人事件を扱うような)探偵でありたいらしいのですが。
そんな「探偵でありたい魔術師」としか言いようがない状態の探偵アライバル氏、当然探偵としてのまともな仕事などあるはずもなく、結局のところ魔術師のお仕事で稼ぐしかないという始末。
しかしこのお仕事がまたはちゃめちゃでして、単なる調査解析(ちょっとだけきな臭いけどアライバル氏的には鼻歌レベルの)お仕事と思いきや、とんだ厄ネタを引き当ててしまって……。

この物語の見どころは、何といってもバトルシーンのかっこよさ! です!!
バトルシーンの泥臭さと血腥さ、それでいてスタイリッシュでお洒落な雰囲気。アライバル氏と相手が交わす言葉の軽妙さ、それでいて死をすぐ首筋辺りに感じさせる緊張感。弛緩と緊張の絶妙なバランスが、本当に絶妙で惚れ惚れします。
本文に(俺はびっくり箱じゃないぞ)と内心で呟くアライバル氏ですが、その戦い方はまさしくびっくり箱のようで、何が出てくるかわからない、というわくわく感に満ち溢れています。
それでいて、明らかに格上の相手を前にしながら思考を止めずに活路を探すアライバル氏の足掻きに対し、それすらも笑って受け止める相手のヤバさ。その対比に、背筋のぞくぞくが止まりません。
とにかく、ハラハラドキドキ、そしてわくわくに満ちたバトルシーンを心行くまで堪能しました。
あと確かに探偵バラバラ本でした。読めばわかる。

そして現代の、神秘が失われたように見える世界の影に蠢く魔術師たちや〈神究会〉の面々について、あくまで断片がちらりと見えただけで、まだまだ気になるところがたくさんあります。
後書きではもっとこの世界やアライバル氏の物語を描いてゆきたい、と書かれていたので、続編を心より楽しみにしております。
本当に、かっこよくて心が躍るお話でした。あとオチの一文めちゃくちゃ好きです。

追伸:
なおご本を手に取った最初の感想は「ペルーラにクリアPP……なるほど、赤く染めるとその煌めき、メタル感が重厚さを増すのか……とても素敵……」であったことをここにお伝えいたします。つい、表紙に使っている紙を確認せずにはいられないのは癖のようなものです。いつか真似したい。
PR

2017/10/29 22:07 | 読書記録
読書記録:『国王と七音の旋律 ~ムジーク王国記~』
国王と七音の旋律 ~ムジーク王国記~
著者:卯月慧 さま
サークル:月兎柑。
ジャンル:家族ほのぼのファンタジー

今ならウェブで読めるぞ! やったね!!!

ムジーク王国という小さな国の王様トーンと、彼を支える家族(きょうだい+α)にまつわる三つの物語。
とにかくね……かわいいんだ……かわいいんですよ……。

王様が。

三十四歳独身男性きょうだい大好き!!! たまりませんね!!!! 好きです!!!!!
(独身である理由も色々な事情と内心が重なり合っているからというのがまた)
ひたすら脳内でボケたりツッコミ入れたりしてるのもめっちゃ好きです!!
ちょいちょい頼りなかったり危なっかしかったりするところもあるけど、自然と人を惹きつけるタイプ(いわゆる「放っておけない」型)の素敵な王様であります。好きです。(何度目だ)

そしてきょうだいたちがまたみんな個性豊かで、それでいて優しさに溢れていて最高なのです。ものすごく心温まります。きょうだいとは……いいものですね……。
最初の「国王と臣下の間柄」から王様の飛ばしっぷりに爆笑し、しかし思わぬ急展開にドキドキし。フラットさんこわい。「国王と黄金色の寧日」でとってもほっこりとした気分になり。シドくんいい子。そして「国王と女子の秘密」の奇妙奇天烈な事件に首をひねりながらも、その真相を前にして背筋が冷え、その上で結末に胸を撫で下ろしつつこれから先の王様について思いを馳せるのであります。スラーちゃん……なでなでしてあげたくなる健気さ……たまらんです……。

今回の範囲ではそこまで多く登場しなかったきょうだいもいるのですが、その数少ない登場シーンで印象をかっさらっていくのは反則ですよヘオンくんとか。好きだよ。
ちなみに読み終わってから巻末の人物紹介見ると何だかにこにこしますね……こういう紹介ページとか大好きです。いくらでも眺めまわしていたくなります。

続きを今から正座で待機しておきたいと思います!
とりあえず王様とスラーちゃんはずっと一緒にいればいいと思うよ! ね!!!

2016/12/23 11:16 | 読書記録
TRPGリプレイを読み漁る話
昨年末、大体三か月くらいは精神的に結構アレな感じで、小説が全く書けないし読めないという酷い状況にありました。
そんな時でも読めるのがTRPGリプレイであります。
何か……気が楽なんだよね……。

というわけで、秋田みやび氏リプレイを制覇した後はダブルクロスに入ったのですが。
(セカンド以降のルルブとリプレイは全部そろっているのが青波のささやかな自慢)
改めてセカンド時代のものを読むと、歴史を感じて感慨深いです。
今読んでみると、アライブの柳也さんとアキューズのやり取りが本当にいいなあと!! ハードボイルドだなあと思うわけなんですよ!! こういうの書きたい!!
書こうとして残念な残骸になってしまったものを眺めながら、考えずにはいられません。
アライブは、特に二巻が好きなんですよね。柳也さんの妹の話とシュヴァリエの話。

あと、やっぱりオリジンは本当に好きですね……。少年少女が悩みながらも、周囲に影響され、かつ影響を与えながら前に進んでいく姿は、いつになっても心に来ます。それはそれとして改めて狛江ちゃんめっちゃかわいいんだけどどうしようかわいい。

そんな感じでゆるゆるとリプレイを読み漁る日々はまだ続いております。現在はメビウス。メビウスはストーリー展開も鮮やかですが、とにかくプリプレイがずるいですよね。あのノートほしい。

まだきちんと書けるとこまで行けてないので、しばらくこの状態は続く気はしますが。
それでものんびりゆったり、マイペースに進めていけたらいいなと思います。

2016/01/10 10:53 | 読書記録
何だかへろへろしている
近頃へろへろしすぎてて日記を書く元気もないというね……。
とりあえず生きてはいます! 大丈夫!!
ただちょっと執筆が進んでいなくて困っています。
ひとまず覆面は諦めたので、今やるべきことをじわじわこなしていきたいですね。

ちなみに今の青波は秋田みやび氏祭りを絶賛実施中でして(←)
みやび棚(実際はリプレイ棚だけど一段丸々秋田みやび氏の作品しか入ってない文庫棚)をひっくり返しているターンです。ちなみに最近リプレイはほとんど電子で買ってるのですが、秋田みやび氏のリプレイと、あとダブルクロスって名前のついてるものだけは基本物理で買ってます。
まあ、そんなわけで久しぶりにへっぽこと新米女神フルで読み通して今は七剣刃クロニクルに入ってます。
そしてみやび棚に『三宮ワケあり不動産調査簿 賃貸マンション、怪談つき』を収めてほくほくしております。
いやでもめっちゃ面白いからみんな読んで!! みんなかわいいから!!!
そして「確かに青波は好きそうだなこれ……」って納得して!!!(笑)
私は!!!! 次の巻が!!!! 読みたいんだよ!!!!!

とまあ、結構平常運行なのでご安心ください。
しばらくは毎週金曜夜辺りに、手元のストックを放出してゆきたいと思います。
まずは『時計うさぎの不在証明』の番外編から。
……『千刺万紅』連載開始は来年頭からかな……。

2015/11/29 13:29 | 読書記録
今月の新規開拓
Kindleのシスルさん(勝手に名前を付けるのはいつものこと)を購入してから、
物理的制限(=本棚の容量)により購入を躊躇っていた
週刊誌系の漫画も遠慮なく買い揃えられる喜びに満ちております。
というわけで気になっていた『ACMA:GAME』を新規開拓してました。
まだ10巻そこそこなので一気に読んでしまったわけなのですが。

……読んでる人なら多分この時点でオチが読めたかなと思いますが。
でもあえて言わせていただきたい。

直江さん超青波好みのイケメン眼鏡スキンヘッド……!!!

帽子かぶってる段階から「スキンヘッド? おにーさんどう見てもスキンヘッドだよね!?」って本編そっちのけで集中力奪われてたのは内緒なのである。
思わぬ伏兵でござった。あれはとてもよい眼鏡スキンヘッド。
普通にキャラ的にイケメンなのもまたポイント高いです。
いやまあメインキャラではないけどさ。
あと巻末のおまけとかではめっちゃ扱い酷いけどそこがいい(笑)。

ちなみにキャラとして好きなのはマルコくんです。あの子何なのめっちゃかわいい。
最初は完全に噛ませかと思ったけどただのいい子じゃん……。いい子すぎて辛い……。
番外編で更にそのいい子さが強調されてて「おまっ、お前えええええ」ってなったんだ。
何かもうマルコくんには幸せになってもらいたいです。

この話は男子が全体的にかわいくてな……きゅんきゅんするな……。
反面女子がめっちゃ怖いけどな!!!(すがすがしく)

2015/05/16 15:41 | 読書記録

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]