忍者ブログ
読書記録:『デッドライン・アライバル』
『デッドライン・アライバル』
著者:ω さま
サークル:イヌノフグリ
ジャンル:現代異能ファンタジー

一瞬ジャンル欄(これいつも青波が適当に書いてます)に「探偵バラバラ本」って書こうとして何とか踏みとどまりました。
だって探偵バラバラ本って作者様も仰っていますし!
※テキレボのウェブカタログには現代異能ファンタジーって書いてあったでしょ青波

こちらは、探偵……に形から入りまくってる、ちょっと奇天烈なお兄さんレオン=アライバルのお話。冒頭の、事件について滔々と語るシーンの展開にめちゃくちゃ笑いました。これは……依頼人も……キレて仕方がない……。誰だってキレます……。
しかし、このアライバル氏、探偵としては超ダメダメなのにめちゃくちゃ優秀な魔術師なんです。一方で、本人は、魔術の世界とは離れた、普通の(殺人事件を扱うような)探偵でありたいらしいのですが。
そんな「探偵でありたい魔術師」としか言いようがない状態の探偵アライバル氏、当然探偵としてのまともな仕事などあるはずもなく、結局のところ魔術師のお仕事で稼ぐしかないという始末。
しかしこのお仕事がまたはちゃめちゃでして、単なる調査解析(ちょっとだけきな臭いけどアライバル氏的には鼻歌レベルの)お仕事と思いきや、とんだ厄ネタを引き当ててしまって……。

この物語の見どころは、何といってもバトルシーンのかっこよさ! です!!
バトルシーンの泥臭さと血腥さ、それでいてスタイリッシュでお洒落な雰囲気。アライバル氏と相手が交わす言葉の軽妙さ、それでいて死をすぐ首筋辺りに感じさせる緊張感。弛緩と緊張の絶妙なバランスが、本当に絶妙で惚れ惚れします。
本文に(俺はびっくり箱じゃないぞ)と内心で呟くアライバル氏ですが、その戦い方はまさしくびっくり箱のようで、何が出てくるかわからない、というわくわく感に満ち溢れています。
それでいて、明らかに格上の相手を前にしながら思考を止めずに活路を探すアライバル氏の足掻きに対し、それすらも笑って受け止める相手のヤバさ。その対比に、背筋のぞくぞくが止まりません。
とにかく、ハラハラドキドキ、そしてわくわくに満ちたバトルシーンを心行くまで堪能しました。
あと確かに探偵バラバラ本でした。読めばわかる。

そして現代の、神秘が失われたように見える世界の影に蠢く魔術師たちや〈神究会〉の面々について、あくまで断片がちらりと見えただけで、まだまだ気になるところがたくさんあります。
後書きではもっとこの世界やアライバル氏の物語を描いてゆきたい、と書かれていたので、続編を心より楽しみにしております。
本当に、かっこよくて心が躍るお話でした。あとオチの一文めちゃくちゃ好きです。

追伸:
なおご本を手に取った最初の感想は「ペルーラにクリアPP……なるほど、赤く染めるとその煌めき、メタル感が重厚さを増すのか……とても素敵……」であったことをここにお伝えいたします。つい、表紙に使っている紙を確認せずにはいられないのは癖のようなものです。いつか真似したい。
PR

2017/10/29 22:07 | 読書記録
第6回Text-Revolutionsありがとうございました!
昨日はテキレボでした!
たくさんの方にスペースに足を運んでいただけて、本当に嬉しいです。ありがとうございます!

新刊『霧世界報告』と準新刊『彷徨舞弄のファンタズム(体験版)』、既刊諸々、そして無料配布本やペーパー類をお手に取ってくださった方に感謝を。
新刊は久しぶりのSFファンタジー(しかも終末よりノリが軽い)なので、読んでくださった方のお口に合うかどうかドキドキしているのですが、少しでも楽しい時間を提供できれば嬉しいです。
あと今回の無配本は100冊用意しておりましたが、後半完全に捌けてしまっていたので、もうちょいのんびりペースでいいんですかね……相変わらず無配の配布ペースが掴めない青波です。
久しぶりにお会いできた方もいらして、とっても心がほっこりするイベントでした。
(橘さんからいただいたアザラシスプーンがほんと……かわいくて……やばい……)
シアワセモノマニアはいつでもコンソメ味のお菓子とアザラシグッズをお待ちしております(おい)。
そういえば、こっそり書いた某合作本も想定以上に出たと伺っており、めちゃくちゃほっとすると同時にとても嬉しいです……。ありがとうございます……。楽しんでいただけると嬉しいです。

今回で『XXXの仮想化輪廻』、『音律歴程』、『コンバラリアの行方』は完売いたしました! 再販の予定はありませんが、全部ウェブ上で読めますのでご興味ある方はちらっとサイトを覗いていただけるとありがたく思います。
(コンバラリアだけは、三作目を作った時に再版もしくは再録の可能性が無きにしもあらずなのですが、三作目の予定が未定すぎる……)
また、これに伴い仮想化輪廻体験版も終売とさせていただきます。ちょっとだけ在庫あるので欲しい方は耳打ちしてね!
『千刺万紅』『君は虹を知らない』『ナツガタリ』『迷走探偵秋谷静 鏡花水月の君』も残分僅少になりますので、以降はテキレボのみの頒布にする予定です。こちらもメールか何かで耳打ちいただければ個別に対応いたしますので、興味ある方は遠慮なくお声がけください。

次回イベント参加はコミティアの予定です。
新刊は多分無理かなーとは思ってるのですが、コピー本が用意されてたら「青波……やればできる子……!」って思ってあげてください。
それでは、これからもシアワセモノマニアと青波をよろしくお願いいたします!

2017/10/29 11:03 | 創作記録
第6回Text-Revolutionsに向けて
青波です! 色々どたばたしておりますが、今週末のテキレボにでまーす!

2017年10月28日(土)都立産業貿易センター台東館 6階
11時開場~16時閉会 入場無料
(詳細はこちら

になります。
シアワセモノマニアは【E-02】でお待ちしております。
入口すぐそばなので見かけたら「あざらし!」って挨拶していただけると嬉しいです。

作品ラインナップはこちら

新刊は『霧世界報告』というそれはそれは表紙が白い本です。
webカタログ
ぱっと見どんな話なのかさっぱり分からないと思いますが、
万物の根源が「霧」である世界を舞台にした短編集です。
一応サイトにもちょっとだけ掲載しております。
話の中心となるのは、霧を喰って飛ぶ虫型飛行艇『翅翼艇』を駆る飛行機パイロット『霧航士』の面々。
その中でも「最速最強」の名をほしいままにする操縦士ゲイル・ウインドワードとその相棒、千里眼と呼ばれる銃手兼航法士オズワルド・フォーサイス、それから人工霧航士セレスティアには、これから始まる長編『空言ミストノーツ』のためにもちょいちょい顔を出してもらっています。
出てくる野郎は大体残念、時々変態もいるよ! 真面目な話もコミカルな話もぎゅぎゅっと詰め込んだ全17話+補足用語集。楽しんでいただければ嬉しいです。

また、準新刊として『彷徨舞弄のファンタズム』の体験版もご用意しております。
webカタログ
『霧世界報告』と同じ、霧の世界を舞台にしたおっさん少女恋愛ファンタジー。こちらの体験版に収録した二篇の短編は『霧世界報告』にも収録されてます。
船や飛行機が消える魔の海峡で、漂流者の少女コルネリアが、頭の螺子の緩んだ自称「幽霊船長」に拾われるところから始まる、閉鎖空間での二人きりの生活を描いたお話。
青波作には珍しく、全編通してシリアスかつちょっと仄暗い話です。でも船長アホの子なのでかわいがってあげてください。
ちなみに初稿読んでもらった人にはことごとく「じまんぐ……」って言われました。すごくよくわかる。青波の中では黄昏の賢者が一番近いです(???)。

あと無配として『幸福偏執無配本2017年秋号』とペーパー二枚、300SSポスカ二枚をご用意しております。名刺と一緒に遠慮なく持って行ってくださいね!

その他いつもの『時計うさぎの不在証明』とか、これで頒布ラストになると思う『XXXの仮想化輪廻』や『音律歴程』など用意してお待ちしております。

そんな感じ! です!! よろしくおねがいしまーす!!

2017/10/22 11:08 | 創作記録
じゅんびちゅう
ちょっと! いろいろ! 準備中です!!!!

ひとまず新作『空言ミストノーツ』とかその周辺のお話を公開するべくじわじわ作業中です。
ミストノーツは! ぐったり気味のにーちゃんと! かわいい人造人間と! イケメンオネエの師匠と! 危なっかしい後輩と! ちょっと怖い元カノと! あと変態!!!!! みたいな話です。
これだとさっぱりわからないと思いますが、ファンタジー戦闘機乗りのお話です。
青波の「私は! こんなキャラが! 好きです!!!!!」を詰め込んだ話なので、楽しみにしていていただけると嬉しいです。

なおこの長編の前日談をぎゅぎゅっと詰め込んだ短編集が『霧世界報告』でして、こちらはサイト公開分+αをテキレボで発刊予定です。お楽しみに!

というわけでまたしばらく沈みます! がんばる!

2017/10/11 23:33 | 創作記録
\更新記録が長続きしない/
申し訳ない、ちょっとお仕事でどたばたしているものでなかなかブログにまで手が回らなくなってますねすみません……
でも、まだまだいっぱいいっぱいではありますが、それでも水面下でてちてちなんか書いてはいます。
今のところはサイト更新に結び付くレベルじゃないのですが、今年の秋辺りから少しずつ成果が見せられるといいなと思っております。
ある意味では青波の原点に戻った、空を見上げる君についての物語。
少しでも楽しみにしていただければ嬉しいです。

2017/05/09 21:10 | 創作記録

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]