忍者ブログ
Twitter300字SS「人形」
「人造霧航士? 翅翼艇を飛ばすためにわざわざ人形を作るなんてナンセンスだよ。
 人間は確かに他のモノにはない、多くの機能を備えている。でも、ただ一つの機能を求められた場合には、酷く不格好なシロモノだ。
 無駄ばかりだよ、人間なんて。ボクがもし『飛ぶ』ためのカタチになれるなら、この腕を、足を、内臓を、何もかも削ぎ落としても構わないよ?
 だから、ボクは人造霧航士には賛成できない。人形を作るくらいなら、魂魄を宿した翅翼艇を作った方がよっぽどいいと思うけど。それこそ帝国の『戦乙女』みたいにね。
 ああ、でも、下手なカタチに人間の魂魄を繋いじゃうと自我が崩壊しちゃうんだっけ。嫌だな、人間ってなんて不自由なんだろう!」
========================
Title: トレヴァー・トラヴァースの主張
 
 
 人造霧航士セレスティアは女王国海軍の「備品」だ。
 体の組成は人間と変わりなく、魂魄も同じく。それでもセレスは人ではありえない。よくできた人形。それが軍本部『時計台』による人工霧航士の定義だ。
 別に、セレスはその扱いに異を唱える気はない。与えられた命令を遂行する人形。それでよい、と思っているけれど。
「セレス、行けるな!」
 魂魄に叩き込まれる声。霧を見通す視界は、既に敵機を捉えている。セレスは翅翼艇『エアリエル』に重なる魂魄を意識して、頷く。
「行けます」
「オーケイ。なら、好きに飛べ!」
 好きに、だなんて。いつも相棒の言葉は「命令」には程遠い。セレスはこそばゆさに微かに口の端を歪め、青の翅翼を閃かせる。
========================
Title: セレスティアの在り方


PR

2018/03/03 22:03 | 小説断片
Twitter300字SS「試す」
今日も俺は試行する。
 飛び方は相棒を通して誰よりも知っている。誰よりも確かに記憶している。
『エアリエル』との同調の感覚、耳に響く風の歌、青い翅翼を広げて陸に別れを告げる瞬間だって。
 けれど、俺が相棒を模倣したところで、俺の魂魄は『エアリエル』とは同調できない。普段相棒と同化して軽々と海を舞っているそいつは、あまりにも重く、あまりにも不自由で、地を這ってるのとほとんど変わらない。
 それでいいのだと相棒は笑う。飛ぶのは俺で、霧を見通すのがお前だと。
 それでいいのだと俺も思う。観測と演算が俺の仕事だと理解もしている。
 理解していながら、俺は試行を重ねる。
 自由に飛ぶ翼に憧れることくらいは、自由だろう?
========================
Title: オズワルド・フォーサイスの試行
 
 
 時々、相棒は『エアリエル』を飛ばそうと試みる。
 何も『エアリエル』はじゃじゃ馬ってわけじゃない。翅翼艇の中でも、素直さなら随一だ。だから、霧航士なら誰だって「飛ばす」ことはできる。
 でも、それは相棒を除いた話だ。
 相棒は飛べない。翅翼艇を操る才能がない。こればかりは生まれつきの適性の都合。だから相棒の何が悪いわけじゃねーことは、俺もよくわかってる。
 ついでに、相棒が、俺がわかってることを、わかってないはずがない。
 それでも相棒は試行を止めない。誰が無駄だと笑っても『エアリエル』を飛ばそうと試みる。
 俺様はそれを笑わない。笑う理由がないから。
 だって、飛ぶってのは、それだけ気持ちいいことなんだから、さ。
========================
Title: ゲイル・ウインドワードの所感



2018/02/03 23:05 | 小説断片
『談話室の飛ばない探偵たち』開始しました
談話室の飛ばない探偵たち』連載開始しました。
毎週金曜日から土曜日あたりに更新予定です。……青波に……元気があれば……。
内容としては、霧世界の霧航士たちがただただくっちゃべるだけの話です。
マジで……それ以外に……説明ができないです……。
でも、地味に「第二世代」霧航士五人の関係性とか、彼らが生きている世界の風景だとかミストノーツへの伏線だとか、詰められるものはぎゅぎゅっと詰め込みましたので、楽しんでいただければ嬉しいです。

2018/02/02 23:47 | 更新記録
『不思議の国の紫苑』に「コンバラリアの行方」編追加。
びっくりしました。
本当に、素で、サイトに載せてあると思ってたんですよ。

載せてなかったんですよ。

というわけで超今更ですが、『不思議の国の紫苑』に「コンバラリアの行方」編全編追加しました。
こちらは2013年に発行し、つい最近完売した同人誌の内容をほぼ全収録(断章「コンバラリアの行方」は未収録)しております。
実は当時の方が面白い話を書いてるんじゃないか? っていう疑問を抱えながらも、未読の方は是非楽しんでいただければ嬉しいです。

あと『XXXの仮想化輪廻』読了されている方は、是非本作の「ルンペルシュティルツヒェン」だけでも読んでみていただければ嬉しいです。ちょっとしたお得感があります。

2018/01/20 17:20 | 更新記録
2018年になっていました。
最近落ち着いてパソコンの前に座っていられる時間が少なすぎて、新年のご挨拶もできていなくて申し訳ないです……。
今年もシアワセモノマニアをよろしくお願いいたします!

今年は長編『空言ミストノーツ』の連載を開始しつつ、水面下で『時計うさぎの不在証明』の4話を書けたらいいかなあと思っております。それで全然別のもの書いてたら「まあ青波だしな……」って思っておいていただけると嬉しいです。
今年ものんびりまったり、自分なりのペースで続けていけたらいいなあと思っております。
今までの面子に加えて霧世界の連中も合わせてよろしくお願いいたします。

2018/01/20 16:23 | 創作記録

<<前のページ | HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]