忍者ブログ
終末の国から#01、#02
というわけで、やってきました、二日連続アクト!
……死ぬかと思いました。
本当に体力が無くなってる気がします。あとシナリオと敵データ考えるの難しいなN◎VA!?
シナリオが出来ていないこともあったのですが、実はトーキョーN◎VA、RLをやるのが六年ぶりという意味不明さ。何しろN◎VAでRL回せるのが内輪ではほとんどいないので……もちろん、ほとんどルールなんざ覚えてませんとも!(爽やかに)
というわけで数少ないN◎VA民たちの協力を仰ぎつつ、破裂しそうになる頭を抱えつつ何とかやってきました!
あ、終末の国のキャラ名とかは一応終末の国カテゴリを見ていただければと思います。
 
それでは以下に二日間の感想をば。
 
第一回「Jack in the Music Box」
 
面子はヒート、辰織、アンジェリン、フランツ、レナード。
ストーリーは、もはやハンドアウト見ればボスがわかってしまう、というくらい単純なもの。要するに終末思想に取り付かれて、とある天才科学者の遺した研究成果を奪って世界を怖そうとしていた元研究員のバロック信者をぶちのめすというもの。
楽園とあんまり変わらないって? いや、そりゃそうでしょう青波ですし。
月刃の変態っぷりのやばさに皆が引いてるのが気持ちよかったです。でも、とりあえず、ボスの一人を電話で追いやるの止めてくれませんか……マジで。ミラーシェードの下で涙目なんですけど。最後の最後にヒートを虐められたのでシスル的にはOKですけど。でもRL的にはバランスが崩れて超ヌルゲーになったので駄目です。だって、攻撃系がゴスペル三発+一発(プリーズ)とかどれだけ、です、か、
辰織よ、インタビューは最強技だった、な……あれ、強すぎる。相手の自我を落とすか、情報を落とすかの二択ってどれだけ怖いんだよ。しかも何が怖いって、それを味方(最低でも敵ではない)のNPCにぶちかますところだよ手前!? シスル、以来ドラッグ持ち歩くようになったぞ!?(←)そして君の役目は今回でわかったことと思います、要するにアリシアに振り回されるのです、アリシア自身に原因があるか否かに関わらず、な!
ヒートは……トループの怖さがわかったと思います。確かに天変地異で倒せますけど、奴らは、場合によっては致命的なダメージを、与えて、くるのですよ(笑)。でもやっぱり、強いなあああああパイロ! 防御無効は 怖すぎる。あと、ダンボールハウス「ぐしゃっ」としてごめんね☆ シスルは反省していない。あと、月刃には経験点200くらいつぎ込んだら再度挑戦してください。
そしてアンジェリン可愛いよアンジェリンはあはあ。「~なのじゃ」口調の悪魔っ子可愛い……こう、相手の心をえぐりごる台詞を言いつつ、にこにこふわふわしているのが素敵過ぎる。あんまり活躍はさせることが出来ずすみません。次はアンジェリンの活躍できる、口プロレス系のシナリオを考えたい、な……いや難しすぎるけど!(RLが口プロレス超苦手なもんで)
あと、カリスマ三枚はどう止めていいかわかりません、フランツ。本当に勘弁してください、クライマックスほとんど腕を構えるポーズ(神の御言葉のポーズ・出典は某くいっくすたーと)で終わってたじゃないですか!? 案外、フランツの立場はスターゲイザーを語る上では面白いので、スターゲイザーがらみの話の時には出てくると面白いかもしれないです、よ!
そして、レナードよ……お前の印象は、全てオチで持っていかれた。流石終末の国、流石は塔の暗殺者。ロリコンのリア充など仮の姿過ぎた。それじゃあ君がウィニフレッドを殺したということでお願いいたします(PvPやらせる気満々かお前)。あと、実はこの人、超バランスいいんだよな……個人での完成度は超高い部類に入ると思うん。
何かオチが微妙すぎてごめんなさい。でもオチが「大切な思い出だけど、全く役には立たないもの」としてのオルゴールだってのはタイトルから決まってました(笑)。細かすぎて伝わらない伏線に定評のある青波です。
ひとまずビアス邸はあれから遊園地みたいなノリで扱われるみたいです。塔としても、まあ害が無ければそれでいいのだと、思います。基本的に。
 
え? ウィニフレッドがホント迷惑な人だって?
……これからも ずっと そうですよ。
 
 
第二回「Boy Meets Girl Tragedy」
 
第二回は面子をちょっとだけ変更し、ヒート、辰織、マコト、アンソニー。
ちなみにアンソニーのPLはフランツのPLと同じというわけで、実はPLとしては三人が続投だったりします(笑)。
今回も、内容自体は単純で、実験体の少女を拾った少年の話を挿入しつつ、己の作った実験体で外周の人を殺し回るという「実験」を行う塔のマッドサイエンティストを倒すというもの。ただし、本体は塔側である連中がそいつの指示によって動くという構成にすることで、塔クグツであるアンソニーが全力でキレてくれたのがとってもよかったです(いい笑顔で)。
皆の纏め方も、手持ちのリソースの中で一番綺麗に終われるエンドだったかなと思います。お互いの妥協点をきちんと見出すって大切なことだよね。
そして、ヒートの脳筋ぶりにシスルが半ばキレたり。脳味噌増えるワカメとか言ってごめんね☆ 最終的に綺麗に纏まりそうだったのにまとまりきらないオチはどうすればいいのだろう(笑)。でも、何だかんだで決めるところはちゃんと決めてたと思う! ヒートが少年にあの答えを示してやるのは一番大切なことだったと思います。あと、やっぱり戦闘の安定感が異常。面子内で決定力は最強ですからね、一応。
辰織は毎度のごとくアリシアに振り回される予感に恐怖していたけれど、今回はストーリーのメインがアリシアじゃないのでアリシア分はちょっと抑え目に。オチは何だかんだでかっこよかったな……ああいうエンド、終末らしくていいかなと思います。戦闘内、外共に活躍できる優秀なトーキーになりつつあるのがRLとしてはがくぶるですが!
そして、塔の連中を相手にがくぶるするマコトが可愛かった。可愛いよマコト可愛いよ。一人称「僕」なのに、ティルラの前で「わたし」なのが萌えた。あと、やっぱり防御系が一人いるってのが強い、です、よね……持ってる神業も自由度が高くて強いんですよ。同じ防御系のシスルさんが超ライバル視してるのは内緒だ。いろんな意味で。
それにしても、アンソニーの存在感がやべえ。外見巨大蟻なのに、何かすごい普通の人。塔のエージェントとしての職務を全うしつつ、きちんと優しい人なところも見せられたのがすごい感動した。そりゃあニコラちゃんも懐きますわ。しかしデータがピーキー過ぎて吹く。次ももっとピーキーになっていくのが目に見えていて、そんなPLの性質が大好きです☆(血を吐きつつサムズアップ)
今回はちょっと前日の反省を生かして、神業リソースをどう削るか、削らせるか、ってのを考えられる戦闘系シナリオを組もうと思ったのですが、ちょっと神業以外のステータスが強すぎた……(多分神業だけで打ち合う分には足りてたのですが、その前にキャスト側のリソースを落としすぎてしまった)
というか、ヒルコの生体防具が強すぎたという件! 何あれ、普通に強すぎるんじゃないですか!? HP制でなく、数値によって死亡か生存かが決まってしまうあのゲームにおいて、一点削れるってのは重要すぎる。
……そして、NPC紹介にもあったけど、シスルはきちんと依頼内容と折り合いつけられるんだったら、案外寛容な人ですってば。ちょっと口うるさいけど、どうしても構いたくなっちゃうお人好しさん、なのです。
今回でクロマクであるミシェル・ロードの名前が出てきました。いらっと来ることで有名なロード博士ですが、やっぱりいらっとされました。でもまあ、この人は望む望まざるに関わらずこれから色々と関わってくる予感です。何しろ終末の国後まで影響力がげふんげふん。
 
 
二日間とも超ぐだぐだでごめんなさい……ストーリー展開がいい加減で戦闘ルールも超うろ覚えだし、ってのがもうダメダメっぽさをかもし出してますね!
もうちょい進行上手くなりたいです。マジで。いつも言ってますが、NPCをきちんと運用できるようになりたい。気づくとNPC頭ん中から消えてるんで(ダメすぎる)。
あと、ルール説明きちんと出来ていないのでその辺もしっかりと。
でも、少しでも今回のアクトを楽しんでいただけたなら、幸いです。
青波も久々のN◎VAで脳汁でまくりでした。明日仕事できるのかこの頭で!(笑)
 
 
次回は辰織がいるならアリシアを中心にした話にしようかなーと思ったり思わなかったり。あとお祭の話とかも面白そうかなーと。結構面子が色んな立場なので、人が集まれるなら立場を絞ったアクトもありかなと思ってみたり。
とはいえ今はちょっとあいあい女史の言ってた大戦シナリオが楽しみすぎる……
まあキャンペーンできるだけの面子が集まらなくて、かつ三人くらい集まれそうならセッション組みたいと思ってますので、お付き合いお願いいたしまーすノシ
PR

2011/01/10 22:26 | Comments(4) | 終末の国から

コメント

セッションお疲れ様でしたー。
な、何かダーク過ぎて申し訳なかったです(汗)色々な後付け設定が浮かびそうです。
あ、後PvP……楽しみにしてます(何)
posted by レナードPL at 2011/01/11 18:52 [ コメントを修正する ]
シスル君には全力で申し訳ないことしたな、と思いつつ。
これからは薬漬けのトループが出ない事を祈ります。
あとアリシアがいてくれるので、ロールプレイ助かりますw

キャストが全体的に怖すぎるのでガクガクしながら、これからも頑張りたいです(笑)。
posted by 辰織PL at 2011/01/11 19:12 [ コメントを修正する ]
>レナードPL
ありがとうございます、楽しんでいただけたなら幸いです!
いや、あのくらい黒い方が青波好みであります!(爽やかに)
後付設定楽しみですによによ。
そしてPvPに超期待。楽しみすぎるでしょう!(ぐっ)

>辰織PL
……いいんだ、辰織は何も悪くない、悪いのは私に真っ先に連絡をつけてしまったヒートだ、それ以上でも以下でもない、と青波の脳内シスルがぶつぶつ言っています(笑)。
そして次から薬漬けのシスルさんが現れます。しかしトループを薬漬けには……多分、しないと、思いたい(←)。
助かると言っていただけてよかったw まあ、またアリシアに振り回されるとは思いますがよろしくお願いいたしまーす!
しかしキャストは全体的に怖い、ですよね……辰織の普通っぷりがいっそすがすがしいです(笑)。
posted by アオナミ at 2011/01/13 21:02 [ コメントを修正する ]
ぷるぷる…ボク、怖いキャストじゃないよ?(←)
posted by マコトPL at 2011/01/13 22:22 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<終末の国から■キャスト | HOME | 空色少年物語 08:ココロの色(3)>>
忍者ブログ[PR]