忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/17 16:52 |
想定している話。
仕事中にちまちま考えていた話。
要は今日はずっとアランのことしか考えて無かったねという話。

多分やるとすれば『迷走探偵秋谷静』なんですけど。
2003年くらいの話。
(大体「シニガミと白い花」辺りだと思いねえ)

探偵事務所にやってきた灰色の青年は『ロの七一』を名乗る。
それは異能を持つ者たちを追う「組織」の代行者を示す番号だった。
ただ、青年は「今日は組織の人間として来たわけではない。あくまで個人的に、アナタに依頼をしたい」と静に切り出す。
それは、一人の女の身辺調査だった。
静は助手のトートを連れ、女について調べ始めているうちに、不思議な現象に巻き込まれていく。

という、話。
基本的にはトート視点になるかなあ、この場合。
迷走探偵のルールは、探偵である秋谷静を「他の人間の視点から見る」ことにあるので。
そして、これは「何も起こらない」話。
謎は解けたり解けなかったりする。そしてトートということは、どちらかというと異能ではなく歪神絡みの話である。

今考えている、深沢がらみ(そして異能府コンビ)の話は2004年の12月、ってことだけは決まっているので、そこに至るまでのちょっとした話というか。
物語としての立ち位置は、そんな感じ。
考えるだけですがっ。
PR

2010/01/28 01:03 | Comments(0) | 創作記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<こっちみんな。 | HOME | シスコンとか。>>
忍者ブログ[PR]