忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 00:32 |
アイレクスの走馬灯 - 歌姫候補
 
アイレクスの走馬灯 - snow noise blind

【歌姫候補】
 
 
 《歌姫》とは何か?
 《種子》とは何か?
 僕は正しい答えを知らない。知らなくてよいことだから。
 僕が知っていることは、塔があらゆる手段を使って《歌姫》と呼ぶ子供を集めている、ということ。《歌姫》は生まれながらに不思議な力と小さな石、《種子》を持っていること。それ故に、《歌姫》候補もまた《種子》と呼ばれること。この、九条鈴蘭のように。
「どうしたの?」
 突然、僕の視界を覗き込んでくる、大きな目。
 窓の外を見てたはずの鈴蘭が、いつの間にかすぐ側に顔を寄せていて。びっくりする僕の前で、鈴蘭は首を傾げる。
「ずっと、こっち見てたから。わたしの顔何か変かな」
「いや、そういうわけじゃ」
「あ、もしかしてこれが気になった?」
 人の話は最後まで聞け、と言われたことはないのだろうか。
 そんなことを思う僕の前で、鈴蘭は突然左目を覆う眼帯の下に細い指を入れて、その下にあるものを僕に見せた。
 当然、それは左目だ。けれど、そこに本来あるべき瞳孔は無い。まるで曇り一つないビー玉が、白目の真ん中に嵌め込まれているようだった。
 光の調節器官を持たない左目を眩しそうに細めた鈴蘭は、すぐに眼帯を下ろした。
「変でしょ」
 見えなくて不便なの、と言いながら、鈴蘭は何故か嬉しそうに笑っていた。
「これが《種子》なんだよね。今までただの変な目だと思ってたから、話を聞いてびっくりしちゃった」
「そういや、《歌姫》候補には不思議な力があるっていうけど、アンタはどんな力を持ってるんだ? ちょいと披露してくれよ」
 運転席からジェイが声をかけてくる。確かに、塔から渡された資料にも、力のことは何も書かれていなかった。
 すると。
「力……?」
 鈴蘭は、首を傾げた。
「そんなの、わたし、持ってないよ」


 NEXT ≫ 一日目、夜
PR

2011/09/01 20:53 | Comments(0) | 小説断片

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アイレクスの走馬灯 - 一日目、夜 | HOME | 最近ぐだぐだと。>>
忍者ブログ[PR]