忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 00:26 |
アイレクスの走馬灯 - 轍の跡
 
アイレクスの走馬灯 - snow noise blind

【轍の跡】


「ホリィ・ガーランド」
 それが、僕に与えられた名前。
「壁を越え、黄沙の海を越えた先に待つ《歌姫》の《種子》を塔まで護送せよ」
 それが、僕に与えられた任務。
 他に与えられたものは、兵隊であることを示す軍服、食糧と水をはじめとした旅に必要なもの、ナイフと銃、それと旧型の車が一つ。
 ああ、それと仲間が一人。
 隣でハンドルを握るのが、ブルージェイ。本当の名前は知らない。兵隊になった理由も知らない。知る必要がない。僕が知っておくべきことは、彼女がブルージェイで、腕利きの銃士で、この任務の間は僕の相棒だということ。それだけ。
「しかし、今回の《種子》ってどんな子だろうな」
 突然、そんなことを言い出したジェイに目を向けると、ジェイはだらしない笑顔を浮かべて既に心ここに在らずだった。
「可愛い系かな、綺麗系かな、性格はどうなんだろ。素直な子もいいけど、つんけんしてるのもそそられるよな。クール系? 大和撫子系? ああっ、夢が広がる!」
「ジェイはいつもそれだ」
「しばらく一緒に旅するんだ、ホリィも気になるだろ」
「僕らの任務は《種子》を運ぶこと、プロファイルに興味を持つ理由がないな」
「ホリィはいつもそれだ」
 僕の真似をして、にやついた顔を向けてくるジェイ。この人の考えることは、どうも不可解だ。
「前見て運転しろよ」
「何も来ないさ」
 確かに、隆起と陥没を繰り返してがったがたの道に、僕ら以外の姿は見えない。それどころか、建物の姿もない。塔から与えられた地図によれば、この辺りは《スターゲイザー》による大破壊の影響を特に強く受けた場所らしい。
 首都から少し離れただけでこうなのだ、ここから遥か北の黄沙の海、そこを越えて更に先なんて、誰も行こうとは思わないのかもしれない。
 重たい雲の立ち込める空の下、何処までも広がる荒野。その真ん中に敷かれた道を、がたぴし鳴る車が行く。《種子》を連れて帰るまで保てばよいのだけど。
「で、その《種子》って何て名前なんだっけ?」
「何回同じ質問をすれば気が済むんだよ」
 何度目になるかもわからない任務の説明をしながら、自分たちが来た道を振り返ってみたけれど……そこにはただ、轍の跡があるだけだった。
 
 
 NEXT ≫ 君はその種子
PR

2011/08/25 00:02 | Comments(0) | 小説断片

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アイレクスの走馬灯 - 君はその種子 | HOME | 写真色々>>
忍者ブログ[PR]