忍者ブログ
アイレクスの走馬灯 - 君はその種子
 
アイレクスの走馬灯 - snow noise blind

【君はその種子】
 
 
「初めまして! お迎えの方ですよね?」
 黄沙の海を越えた先、第四十六隔壁の孤児院。
 《種子》は、弾けるような笑顔で僕らを迎えた。
「えっと、わたし、鈴蘭って言います」
 共通語の音ではない、耳慣れない四拍の名前。
 だけど、そんなことは言われなくてもわかってる。
 君の名前は九条鈴蘭、僕と同じ十四歳。親を早くに亡くして孤児院に育った。血の繋がった家族は八歳になる妹一人。そして今、《種子》として首都へ運ばれようとしている。
 塔は、《歌姫》の《種子》を高く買う。
 経営難の孤児院を救うべく、その話に乗ったのが君だ、九条鈴蘭。
「これから、首都までお世話になります!」
 無邪気に手を差し伸べる鈴蘭に対し、ジェイは兵隊らしからぬ笑顔でその手を握った。下心が見え隠れしているように見えたのは、僕の偏見だろうか。
「今回護衛に当たるブルージェイだ。ジェイって呼んでくれ。で、こっちがホリィ」
「ホリィ・ガーランドだ。よろしく、鈴蘭」
 社交辞令として握手を交わす。その手は見た目以上に細くて枯れ枝を握ったみたいだった。
 その時、鈴蘭は手を握ったまま、じっと僕を見つめてきた。左目は大げさな眼帯の下だったから、ぱっちりとした右目だけで。
「君、いくつ?」
「年齢? 十四、だけど」
「同い年なんだ! それで兵隊さんやってるんだ、かっこいいなあ」
 侮られるのか、と思ったけれどその予想は外れた。この《種子》は、僕が考える以上に単純な思考をしているらしい。
 そもそも、単純でなければ、金欲しさに首都に向かおうなんて考えなかったに違いない。
 話もそこそこに、僕らは鈴蘭の荷物を車に積み込む。荷物と言っても、旅行鞄が一つだけ。中身を確認すると、最低限の着替えと……何故か、本が数冊。褪せた絵が描かれた、僕の知らない本。
「本が好きなんだ?」
「うん……持っていっちゃダメかな」
 ジェイに聞かれて、鈴蘭が困った顔をする。すると、ジェイはそりゃあもう飛び切りの笑顔で言った。
「とんでもない! いくらでも持っていってくれたまえ!」
 僕はジェイの首根っこを引っつかんで、鈴蘭には聞こえないように言った。
「余計な荷物だ」
「いいじゃねえか、このくらい。どうせ車の旅なんだしよ。それに」
「可愛い女の子の頼みは断れない?」
「そゆこと」
「ジェイはそれでどうして女なんだ、とよく思うよ」
「あたしは女でよかったぜ、男なら女の子のあんなところに触っただけで犯罪だ」
「……僕には全く理解出来ない」
 結局、鈴蘭の荷物はそのまま積み込まれた。
 そして、院長に率いられた子供たちが鈴蘭と別れの言葉を交わす。中には鈴蘭によく似た女の子がいたけど、あれが妹だったのかもしれない。
 別れを惜しんで泣き出す子供たちの中で、鈴蘭だけは何処までも明るい笑顔を浮かべていて、
「先生、皆、行ってくるね! 必ず手紙書くから!」
 手を振って僕らの車に乗り込んだ。
 泣きながら手を振る子供たちをバックミラーで見たジェイが聞く。
「アンタは泣かないんだ」
「泣かないよ」
 後部座席に座った鈴蘭は当たり前のように笑った。
「だって、これは悲しいお別れじゃないもの」
 ……この時の僕は、君を馬鹿だと断じた。《種子》の未来について考えてみようともしない馬鹿、と。
 けれど、それは間違いだった。僕がそれに気づくのは、もっと、ずっと先のことだけど。
 
 こうして、僕らは……《種子》九条鈴蘭を運ぶ任務を正式に開始した。
 
 
 NEXT ≫ 歌姫候補
PR

2011/08/26 21:41 | Comments(0) | 小説断片

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アイレってこんな話。 | HOME | アイレクスの走馬灯 - 轍の跡>>
忍者ブログ[PR]