忍者ブログ
放課後エリーゼ断片。
拍手おまけを現在作ってます。ちまちまと。
「放課後エリーゼ」。


 実は。
「わたし、センパイの名前知らないんです」
「は?」
 ハルの唐突な告白に、センパイの目が点になった。
「確かに……私は一応知っているが、基本的に苗字でしか呼ばれない上に私たちは『センパイ』としか呼ばないからな」
「ひでえなお前ら!?」
 季節は秋……ハルとミカがセンパイとまともに会話を交わすようになってから、もう数ヶ月経っていたりするのだが。それにしても酷い言われようである。しかも、ハルは「ほえ」と机の上に座るミカを見上げて、言った。
「わたし、センパイの苗字も覚えてないです」
「お前は一度名簿をじっくり見て来い。話はそれからだ」
 普段は叫びツッコミを身上とする(注:センパイがそれを認めたことは一度とてない)センパイだが、今日ばかりは低い低い声で虚ろにハルを見やりながら言った。だが、ハルはきょとんとしたまま首を傾げる。
「名前がわからなかったら、名簿見てもどれがセンパイだかわからないですし」


こんな感じにだるだる進みます。
毎度名前が忘れられてる人が一人はいるということで。
前サイトの「シアワセのテイギ」でも似た感じでしたしねー(笑)。
まあ、こんな三人でお送りします。多分。
PR

2008/05/13 13:59 | Comments(2) | 小説断片

コメント

あぁぁぁ!先輩頑張って!負けちゃ駄目だよ先輩!
posted by あいあい at 2008/05/13 14:30 [ コメントを修正する ]
……ま、負けないといいなあ。
既に負けてるなんて内緒だよ!
かわいそうなセンパイを振り回す女子二人を中心とした、話です(←語弊ありだがあながち間違ってはいない・笑)。
posted by アオナミ at 2008/05/13 15:31 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<蒼穹RED、完結。 | HOME | 明日は早起きだけど。>>
忍者ブログ[PR]