忍者ブログ
『終末の国から』サイト版公開開始。
サイトに『終末の国から』のページを追加しました。

砂紅果香(高村暦)女史を引きずり込んで二人で書いている、
SFっぽいファンタジー群像劇です。
とある「魔法使い」と呼ばれる男が大災害を起こし、ぼろぼろになった世界で、
何だかんだ生きてる人たちの物語……だと思います。
群像劇の名の通り主人公らしい主人公はいないのですが、前から言ってる通り、シリーズ通して見るとかろうじて主人公っぽいのはシスルかなあと思いつつ。全身義体の何でも屋さん。

基本的には文学フリマ合わせで無料本を作って配布する、また内輪ではトーキョーN◎VAを使ってその世界観で生きる人たちのアクトを実施することで布教活動を行っています。

とりあえず現在はブログにもあげてあった「アイレクスの走馬灯」、
あと文学フリマで配布した無料配布本の一冊目に収録した短編等を載せています。
気が向いたときにぼちぼち更新できればなーと思っておりますので、
のんびりお付き合いいただければ幸いであります。
PR

2011/11/06 10:32 | 更新記録

<<空色少年物語 13:この背を押すのは(3) | HOME | オンライン文化祭2011―夜― 開催してます!>>
忍者ブログ[PR]