忍者ブログ
拍手・メルフォ返信(2013~)
いつも温かい拍手やお手紙、ありがとうございます。
こちらは2013年~の拍手&手紙返信用記事です。
以下が返信になっております。



 
 
・・・・・・・・・・・・

2014/02/25 Tommyさん(拍手)
やっと空色第一部が完結しました。今まで本当にありがとうございました。
相変わらずweb拍手が空気を読んでいたようで何よりであります(笑)。
ブランはフラグ立てに立てまくっていた挙句のアレですからね……。
でもまだまだ終わりは先の話であります。
かなり時間がかかるとは思いますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。
反転もそろそろ再開したいですね……。頑張ります。頑張ります。

・・・・・・・・・・・・

2014/01/06 Tommyさん(拍手)
本当にお返事遅くなってしまいすみませんでした……(平伏)
そしてブランに銃口向けられたとかすみませんマジすみませんwww
弟萌えを爆発させてるブランにものすごく和みましたが何も間違ってはいない。
そして誤字報告ありがとうございます! 本当に助かります。
こちらは諸々相変わらずで、マイペースにのったりやっております。
今年もよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・

2013/12/15 楠沢さん(拍手)
『甘味組曲』の感想ありがとうございます!
今回は「帰」というテーマに即して、頭の「おかえり」とラストの「いってきます」から考え始めた話で、最後の最後に待ち構えるつんとくる感じをどう表現しようか……と考えた結果があのお菓子な日々でした。
なので、最後の「いってらっしゃい」に何かを感じていただければ、とても嬉しいです。
しかしこのラブラブっぷりは本当に、誰も入り込めない感ありますよね。実際にいたら遠巻きにしたい感じです(笑)。
楽しんでいただけたなら何よりです。ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・

2013/11/20 カホリさん(拍手)
短編「マリーシ」「いまどきの悪魔と私と」「宴の後のゴースト・ストーリー」の感想ありがとうございます!
「マリーシ」「いまどき~」は「お題バトル」という企画で一時間で書いたものですが、ある意味ではとても自分らしい話なので、素敵と言っていただけると作者冥利に尽きるというものです。
そして「宴の後のゴースト・ストーリー」は「アザーズプロット企画」で他者様のプロットから書いたものなので、展開は本当にプロット主で・広咲さんが紡がれた素晴らしいプロットに依存しております。
ただ、花子さんのキャラは完全に好き勝手に書かせていただいたので、気に入っていただけたなら幸いです。
楽しく騒がしく、けれどこの世とあの世の境界線上にある花子さんたちが抱く思いが伝わっていたなら、とてもうれしいです。
今回は感想ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・

2013/11/13 招夏さん(拍手)
うわわわわ、素敵な感想ありがとうございます!!
ほんの少しの違和感から反転するヤラレタ感を噛み締めていただけたなら、書き手としてもガッツポーズものであります。
……ごめんなさい。(謝らないといけない気がしました)
延々と、幸せなお菓子の家での生活を続けていてもよかったのかもしれませんが、それでも、「いってきます」を言うための「おかえり」のお話として、二人の甘い日々とその結末を描いてみました。
きっと、お互いの「鎮魂」という言葉はとても正しいと思います。
この物語が、招夏さんの心を揺さぶっていたなら、書き手冥利に尽きるというものです。
本当に嬉しいお言葉をありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・

2013/11/09 吉田ケイさん(拍手)
いつもお世話になっております、今回もオンライン文化祭の主催お疲れ様です!
毎年うきうきしながら待ち望んでいた企画なので、今回も参加できて嬉しいです。
自作が賑やかしとして少しでも働いていれば幸いです……。

そして嬉しい感想感謝です!
ここだけの話、恋愛ものアレルギー気味の自分が馬鹿正直に甘い話など書けるわけがなく、「終わり」がわかっているからこそ書ける話だったので、吉田さんの反応は極めて正しいです……(笑)。多分自分でも、これ見せられたら全く同じ反応をします。
リア充爆発しr……すればよかったのに。

ショートショートなのは、それぞれが記憶と妄想の「断片」だ、というオチに向けた仕込みもあるんですが、正直、一話が短くないと自分があの甘さに付き合ってられなかったってのが理由の九割です……。

この物語は吉田さんのご推察の通り、「アキが現実に生きていくだけの強さを取り戻すまでの話」です。
永遠にこの甘い眠りの中にいてもよい、「お帰りなさい」と迎えてくれるナツですらそれを止めない、理想の世界。
それでも、甘い空想の中のナツに癒されるだけでなく、そこから一歩を踏み出して、現実に「帰っていく」結末に向けた話として構築してみました。
そのアキが抱いた痛みの一欠けらを受け止めていただけたなら、本当に幸いです。

短い物語ながら、深くまで読み解いていただけて嬉しいです。感想、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

2013/11/07 猫さん(拍手)
はじめまして、『甘味組曲』読んでくださりありがとうございます!
お菓子ととある男女についての物語、楽しんでいただけたようでよかったです。
「おかえり」と「いってきます」をお互いに言い合える当たり前の幸せ、そういうものを、彼らのやり取りの中から感じていただけたなら嬉しいです。
そして、お菓子の描写は普段以上に頑張ってみた部分でしたので、食べたいと思っていただけたならガッツポーズです! わーい!
素敵な感想ありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・

2013/11/06 18:53の拍手の方
音律歴程、ご購入ありがとうございます!
見本誌コーナーで一目惚れいただいたとのことで、本当にありがたいです。
今回は特に装丁に拘った一冊だったので、そちらに目を留めていただけると本当に嬉しいです。
音律、とか言いながら音楽の話ではないのですが(すみません)、人の心が奏でる音色を巡る12(ユニゾンで+1)のお話、楽しんでいただけたら幸いであります。自分も音楽好きなので、一度「音」に絡んだお話を書いてみたかったのです……。
嬉しいお言葉ありがとうございました!!(最敬礼)

・・・・・・・・・・・・

2013/08/21 朝陽遥さん(拍手)
返信不要とのことでしたが一言だけ。
すみません、ご指摘本当にありがとうございます……!!(平伏)
こっそり修正加えておきました。

・・・・・・・・・・・・
PR

2014/03/15 12:52 | 返信全般

<<『アイレクスの絵空事』に「世界の温度」追加。 | HOME | 空色少年物語、第一部完結。>>
忍者ブログ[PR]