忍者ブログ
明星記その1
正確に言うなら宵の明星(Vesper)を巡る話。
テイルズオブヴェスペリア、開始です。
PS3ごと貸してくれたサーズデイ氏に感謝。

以下はネタバレー。
 
色々グレード要素引き継ぎつつ、ゲーム開始。
グレード20000以上とか何やってんのサーズデイ氏……

事件が起こったのでぐだぐだしつついきなり不法侵入罪で逮捕だぜ主人公!(笑)
しかしユーリのだるだるっぷりがいい。
あの、気だるそうで、しかし内側が熱い感じの主人公っていいなあ。
きちんと真っ直ぐな感じというか、何というか。
しかしテイルズの主人公っぽくないwwww

あとシュヴァーン隊に萌えた。何あれ可愛い。

そのシュヴァーンさん(いきなりネタバレるな)は隣の牢屋でぐだぐだしてるしね。
おっさーん! 好きだー!! 結婚してくれー!!!
どうしてもブランと呼びたくなるのをぐっと堪えつつ。

で、まあおっさんの助けもあって脱獄、そしたら何か騎士に襲われかかってる可愛い子発見。
……なんか、珍しく青波、正統派なヒロイン好きになる予感がする。
え、何このヒロイン、何かすごく可愛い。
突然壷で殴りかかろうとする辺りとか、着替え中に扉の側に来た主人公に対して剣を持って扉を開ける辺りとか。
……見るところ間違ってるってか、ごめんなさい。
でも「~です?」って喋り方は可愛い。すごく可愛い。

そして変態を軽くのしつつ(注:青波は経験点十倍プレイ中)、城脱出。
それにしてもシュヴァーン隊いい味出しすぎだと思う。
しかしそのシュヴァーンは相当後にならないとまともに出てこない辺り。

それにしても、下町の人たちが、すごい、いい……
あの旅立ち、今までのテイルズの中でも屈指の旅立ちシーンだと思う。
何だろう、今までの主人公って「やむにやまれず」な感じで、何か追い出される感じの旅立ちが多かったからなのかなあ。
実際今回も微妙にやむにやまれない感じがあるにはあるんだが、それでも皆に応援されてる、って感じがいい。それもすごくあったかい、応援のされ方。
これは素敵ゲームの予感がする。

それにしても犬美味しいところ持って行きすぎだと思う。

というわけで明星記、開始です。
気が向いたらぼそぼそ呟きます、よー。
PR

2010/09/23 00:27 | Comments(0) | 遊戯全般

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ひゃっほい。 | HOME | アオイロソウビ Chapter 4 (8)>>
忍者ブログ[PR]