忍者ブログ
あおいばらのゆめをみるはなし
アオイロソウビ、執筆中。

あと少しで終わりそうなんですけどどれだけ主人公と変態の会話が長いの。
変態はほうっておくといくらでも喋るから考え物だ。いつものことだ。
(空色でも毎度ものすごく削る羽目になる変態の台詞)
問題は変態はよく見ると一つも無駄な話をしていないということだ(←)。
奴は雑談をしてるんじゃない、主人公たちに状況説明をしているだけなんだ……
そういうキャラだから困る。

あと変態の視線描写にだけ力が入っちゃうのはもはや手癖としか言いようが無い。
慣れです。
「凍れる色の瞳が」とかすごい書きなれてる(笑)。

アオイロのサイト連載は多分もうちょい先(四月くらいかなあ)になると思うんですが、空色で変態を見たら「あー、そういうことか」と思ってもらえればいいと思いますはい次回更新分で出てきますんで。
……奴が一番書きやすいのは事実です。だから慣れですって。
(空色セイルも実は変態と同程度に書きやすいんですけど、空色の場合は「限りなくセイル視点に近い三人称」なのでセイル自身についての描写が限りなく少なくなってしまうのが難点)

さー、飯食ってアオイロやろうっと。
いっつ変態ふるぼっこたーいむ。
PR

2010/02/02 20:17 | Comments(0) | 創作記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<悩む。 | HOME | アオイロ会議やりました。>>
忍者ブログ[PR]