忍者ブログ
悩む。
90×45の空間に、十冊のA5の本を見る人にわかりやすく置く方法がわからない。
単に十冊並べて置くだけなら不可能ではない。
ボード・お品書きを置くには立体的にしないと無理なのはわかった。
(机の上に実際に並べてやってみた)

そんな現状。
砂紅女史から借りたミニイーゼルとか使いながら頑張ってるんですがー。
どうすっかねえ……
今回はともかく次回以降どうしていいかわからないんだぜ。
空色とか増えていくばかりだもんなあ……

一応シアワセモノマニアの方針としては
・続き物は切れた地点で再版する(=基本的に空色・反転)
・完結ものは基本的には希望が無いかぎり再版無し(レベンタート含む)
(希望があってもものによっては再版しない予定。RotSEとかな!)
・無料配布は再版無し(ある程度溜まったら追加要素付与の上で有料販売あるかも)
って感じです、今のところは。

あ、そうだ。布買ってこなきゃ……
いい布があればそのまま使うんだけど。
無いかな……

そんな、イベント前二週間を切った青波の独り言。
PR

2010/02/03 21:11 | Comments(2) | 創作記録

コメント

棚的なもの(?)っていうのはどうなのでしょうか?
えーっとマガジンラックっていうんですかね?4×4くらいのもので階段状(?)になっているというかなんというか・・・・・・・・・
図書館とかで雑誌がおいてあるような棚の小さいイメージです。
見本本はそんな感じでおいといて,横に数字でも書いた紙があれば,お客様に番号言っていただいて,商品は後ろから出すとか・・・・・・・

わかりにくくてごめんなさい
posted by 2号 at 2010/02/04 07:30 [ コメントを修正する ]
ラックは正直導入しようか真面目に悩んでいます。
実際もうすぐ嫌でも必要になると思うんですよね、空色は十三冊くらい出すわけですし(現地点の目標)。
ただ、見本だけを置いておくってのは、ちょっと手に取りづらいものなのかもなあとも思いつつ。本が積んであったほうが安心はするんですよね……自分は、ですけど(笑)。

いえいえー、貴重なご意見ありがとうございます!
posted by アオナミ at 2010/02/05 00:36 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<今日の作業。 | HOME | あおいばらのゆめをみるはなし>>
忍者ブログ[PR]