忍者ブログ
前の反転見つけたー
ので、以下にぺたりと貼り付けておく。
ちなみにこれ書いたのが今年の二月頭みたいですよ。
十ヶ月前の話。
 
「君が、必要なの」
 ここでは誰も、俺なんかに目を留めない。
「君じゃないと、いけないの」
 ここでは、俺じゃなくても誰でもよかった。
「だから」
 だから。
 俺は、今日もここではないどこかへ、俺を必要としてくれる場所へ、旅立つ。
 
「酷い場所だな」
「だから君と、君の力が必要なの」
「俺の力? 俺はごく普通の高校生男子だぜ」
「でも、ここでは違う。君は、『絶対に死なない』の」
「不死身の英雄ってわけか……面白えな」

 絶対に死なないというルール、戦いとなれば銃剣を手に勝手に動く身体。
 ゲーム感覚で「世直し」を楽しんでいた俺の前に現れたのは。

「元の世界に帰りたい……ただ、それだけなのにな」
「アヤから手を離せ。撃つぞ」
 
 俺と同じように、「異世界からやってきた」という二人組。
 その二人が世界を揺るがし、危機に陥れようとしているのだという。
 唯一俺を傷つけることも出来る二人を「殺す」というのが、俺に与えられた役目の一つ。
 
「守りきってみせるさ。そのために、私はここにいる」
「もう一歩近づけば、わたしは『ディスコード』を抜きます」
「ひゃはははっ、で、手前はどうすんだい?」
「従え、グレイ。我の言葉は世界の総意」
「君がこの世界を好きになってくれれば、私も嬉しいの」
 
 壊れた城、「王」を失った国、小さな争いに満ちた世界を笑いながら駆け抜ける。
 その反面、いつも通り俺を置き去りにして、俺の現実も淡々と動き続けていて。
 
「叔父さんは笑って死んだ。それだけだ」
「センパイは、意外とロマンチストなんだな」
「まあ、話の内容によっては珈琲の一つも奢ってやるさ」
「大丈夫? 何かぼーっとしているみたいだったから」
「避けろ……死ぬぞ!」
 
 はてさて俺が見ているものは夢か現実か。
 何も正しかないし、何も間違っちゃいない。
 従うべき者を失い、混沌とした世界を駆ける上で俺たちが掲げる法はただ一つ、「自分自身の心」のみ。
 何もかもが反転しちまったイカレた物語、これより開幕。




・・・・・・・・・・・・・・


もう、どこからツッコんでいいのか!(爆笑)
今と同じところを探した方が早い、そのくらい違うよ!
あ、ちなみに「グレイ」が現シンです。

グレイの武器は銃剣。ごく普通の。
んでディスコードの持ち主はティナっていう機械人形のおにゃのこでした。
……その辺の事情は旧サイトの旧空色参照ってことで。

世界観がWIND SEA倶楽部の頃の「ユーリス世界」準拠なんで、現「楽園」世界観とは全然違うってのも一つの原因だよなー。

ああ、しかしあまりに違いすぎて笑える。うん。
PR

2008/12/02 02:17 | Comments(0) | 創作記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<何となくつらつらと | HOME | え……>>
忍者ブログ[PR]