忍者ブログ
空色少年物語 14:突入、天空戦艦(3)
『そうだな。そのためにも……絶対にシュンランを連れ帰るぞ』
「言われなくても!」

というわけで、十四話三節、更新です。
何だか盛り上がって参りました。
そう思っているのは青波だけでしょうかそうでしょうか。

ジブリではラピュタと紅の豚が好きな青波。
っていうのは多分見れば一発でわかりそうな気がします。
こう……何だろう。空への憧れというか、自由への憧れというか。
飛んでいるその間だけは何もかもから解き放たれているというか。
実際に解き放たれたわけじゃない。ただ、心が。

最近夜中にやってる「ラストエグザイル 銀翼のファム」もまさしく空の「自由」に心を捧げた少女のアニメなので、気になる方は是非。
ってこれは空色記事だった。
空色も、もっとこう、わくわくするような描写が出来るといいな!
っていつも言ってますけどね!!

次回、セイルの前に立ちはだかるのは……
そりゃあもう、あの男に決まっているわけですが!
次回は1月28日更新予定。お楽しみに!
PR

2012/01/14 20:12 | 創作記録

<<拍手・メルフォ返信(2011~2012) | HOME | 空色やりながら終末というか薊のことも考えてみるターン>>
忍者ブログ[PR]