忍者ブログ
終末の国から
を、TRPG……「トーキョーN◎VA」でやったらどうだろう。
ということを近頃案外真面目に考えている。

まず、終末の国から、という世界について話をすると。
現在主に青波の頭の中で展開している、崩壊地球が舞台の遠未来ファンタジー「Planet-BLUE」とは違うSFファンタジー世界の物語群。
とりあえず「新たなる神」といわれるバロック・スターゲイザー、っていう存在が世界の摂理を大きく歪めて天変地異が起こった結果、現在進行形で崩壊に向かって突き進んでいる世界、そのうちの「終末の国」と呼ばれる地域のお話です。

……バロックさんの名前はめんどかったので前世界観の世界律から引っ張ってきてますが、別人なんでご了承下さい。

で、そんな世界に細々と生きてる人たちが繰り広げる群像劇のようなものが「終末の国から」という物語群なわけです。
そういう意味ではPlanet-BLUEと似通っていますが、意図してやってます。
今の自分がPBをやってみたらどうなるだろう、という定義なので。

キャラクターはある程度決まっていて、でもまあ世界を構築するには足らず(笑)。
今のところよく話に出るのはシスル辺りですか。
シスルは脳と体の一部以外ほぼ全てを機械に換装した、何でも屋さん。
主に戦闘に関してなら何でもござれだけど、どちらかといえば殺害よりは護衛向き。
N◎VAで言うならカブト系。戦闘技能的にはカブトワリかなあ……その場に合わせて銃とか重火器とか使います。でも近接武器も使えないわけじゃない。
依頼に関して一所懸命という、実は青波にはあまり無かったタイプの仕事人。
自分の興味を優先する連中が今まで多すぎたと思うん……
ま、相変わらず学者が強い世界なのは青波の悪い癖だと思って笑って見逃してくださいね!(←)

後は前にこのブログで出てきた(今は下ろしてますが)ヒューバート・レインだけど、彼はバサラかなあ、マヤカシかなあ……(笑)
能力発現的にはバサラなんですけど。いっそアヤカシとかどうよ!(←)
実はルールブック、基本しか持ってないからアヤカシとかヒルコとかわからないんですよー……今度入手しようっと。
ヒューバートは記憶喪失の赤毛の青年。
昔、スターゲイザーを奉じる新興宗教の教祖というか生き神として崇められていたことがあるけどその時のことはほとんど覚えていない。たまに過去がフラッシュバックする程度。
スターゲイザーの操る破壊の力とよく似た「旧い魔法」を操る、という設定。

結構部分的には設定出来てるんですよねー……
早く設定詰めて書けよ、って感じですが全体的に気のせいです。
まあ、空色や反転の合間にぼちぼち書いていければなー、とか思っています。
あと終末の国の断片ならサイト内の何処かに置いてありますので、お暇な方は暇つぶしにどうぞ(笑)。
PR

2010/10/18 22:42 | Comments(0) | 創作記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<現実逃避にちまちまと | HOME | 楽園千夜一夜「名は体をあらわすか」>>
忍者ブログ[PR]