忍者ブログ
OPP、プロットいただきました!
青波は、OPPこと「アザーズプロット企画」にプロット部門で参加しております。
で、先日プロットをいただきまして、そのプロットの書き方に感嘆しきりです。

青波は普段プロットというものをほとんど書かない人間でして、書いたとしてもキャラ紹介と各話のタイトルだけ書いてあるような状態。
多分、ストーリーの流れ自体は頭の中にあって、出力をしないのだと思います。
そのせいで、色々迷走はするんですけどね!

なので、いただいたプロットの、書きたいことが伝わる書き方に思わず「おお」と声を上げてしまいました。
なるほど、プロットというのはこういうものなのか、と。
自分がきちんと咀嚼し表現できるかどうかはともかくとしても、テーマが明確で書き手にすごく優しいプロットだなあと胸がほっこりしました。
ジャンルとしては、慣れてはいませんが、多分書けないジャンルではないはずなので(変な方向に走らなければ)、楽しく執筆していきたいなあと思っております。
書けるジャンルが極端に狭いので、正直その点が不安だったのです……

そして自分が提出したものがどれだけ酷いのかと思うと頭を抱えたい思いですが……
しれっとした顔で切り抜けたいと思う次第です! ええ!
と言っても、多分ネタと方向性がいつもの青波なので、わかる方にはすぐにわかってしまうのかなあと思いつつ。
ただ、青波の普段の話を読んでいる参加者さんは少数派だと思うので、きっとわからないとたかをくくってもいたり。
そんな揺れ動く乙女心。乙女と言っていいかどうかは全力で横に置く。

ともあれ、11月末までに自分のものと、いただいたプロットのものを書かなければならないので頑張ります!
自分のものの方が全力で書きづらい気がするのは内緒! 内緒なんですからね!!
PR

2012/06/09 21:56 | 創作記録

<<長編小説を最後まで書くということ | HOME | 空色少年物語 17:俺が生まれた日(1)>>
忍者ブログ[PR]