忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 00:32 |
戯言を。
「ねえ、ノア。もしこの世界から言葉が無くなったらどうする?」
 男は世間話のようにそう言った。
 皮肉にも、この男が唐突な話題を振るのに慣れてきてしまっていたノアは、何故そんな馬鹿げた質問を投げかけてきたのか、ということは問わず――大抵男の話題に深い意味など無いからだ――ただ質問の答えだけを言葉にする。
「人は、新たな意思疎通の手段を考えるのではないですか? 女神ユーリス曰く、人は他者と関わりあうことで立つ生物だそうですからね」
「そっかあ、やっぱりそうよねえ。物事そんな簡単じゃねえよなあ」


何か、こんなだらだらした話を考えている。
聖職者と魔女と魔女の下僕たちの話。
短編集的な何かになればいいなあ。もしくは中編。
PR

2010/03/24 00:19 | Comments(1) | 小説断片

コメント

駄目だ。どうしてもノアという単語のあとに「ブラック・クロニクル!」と流れはじめてしまう(←)
posted by 2号 at 2010/03/24 19:05 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<似非読書家の休日 | HOME | 結構真面目に>>
忍者ブログ[PR]