忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 00:21 |
グラスホッパー。
現実逃避=読書。
そんな青波。

というわけで伊坂幸太郎「グラスホッパー」読了。
槿さんかっこいいなあ……
やっぱりこの微妙に現実とズレた感じがたまらないんだろうな。
それにしても終始鯨の存在感に圧倒された気もしないでもない。
淡々と狂っていく鯨。

あと小説を読む際の作法として、始めに最後のページを開く癖はやめた方がいいなと思いつつ。
どうしても確認してしまうんですよね。
なんていうか……「自分的にしっくり来るエンディングかどうか」が気になってしまって。

私は自称ハッピーエンド至上主義ですが、私の中のハッピーエンドの定義って元々「きちんと腑に落ちるエンディング」っていう意味のつもりなんです。
主人公が最終的にどん底だろうと、何だろうと。
最後に「すっとする気分になって、少しだけ微笑める」ような話が好きです。
だから諸手を挙げてのハッピーエンドってあんまり好きじゃないです(何という我侭)
まあ私は諸手を挙げてのハッピーエンドをよく書く気もしますが。
(そうか? 本当にそうか?)

ともあれ、「グラスホッパー」はその終わり方がとても自分好みだった。
何というか、非日常と切り離されて日常に戻ってきて。
でも最後の瞬間、切り離されたそれが完全な「非日常」じゃなかったって実感できた瞬間っていうのかな……
何か最近現実と仮想とか、日常と非日常とか、そういうことばかり考えてる気がするのは私自身元々そういうテーマが好きだからです、はい。
PR

2008/06/14 13:28 | Comments(0) | 読書記録

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<Ex:携帯電話 | HOME | 終わったー!>>
忍者ブログ[PR]