忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/21 19:21 |
好きすぎるから困る。
とんぼさんとんぼさんはあはあ。

何でお前こんなに「魔女の宅急便」っていうかとんぼさん好きなんだよ、って言われるけど好きなんだから仕方ないだろ! 理系少年大好きだ。
もちろん原作厨だから表記は「とんぼさん」ですよ!(地の文では一貫してそう書かれるのですよ)
でもまあ、二巻までしか読んだことが無いので、正直三巻以降が気になってるんですがっ! 二巻まではハードカバー嫌いの青波には珍しく、普通にハードカバーで持っていたりします。でも文庫版買いなおしてますけど。
ちなみに一巻読み返してみて個人的に好きなのは、一番最初の話と間に合わせやさんの話と、腹巻の話ですね。腹巻のおばあちゃんかわいいよ……あと船員さんたちもかわいい。
とにかく出てくる人たち皆、どこかしらかわいいのがいいですよね、あの本は。

映画は決して嫌いじゃないんですけど、原作に比べるとキキに対しての仕打ちがとんとこ厳しいので見ていて悲しくなるのです。ううう。
確かにあの一年間の話を映画として収めるには落差とかそういうのが必要だってのは物書きの視点からわかるけどさー……喋れよ、喋ってくれよ、ジジ。
でもキキの実家と町の風景と飛行船のシーンはやっぱりいつ見てもわくわくしますよね!

……というわけで、青波の中ではこの本は「机上資料」というか「空織りシリーズの資料」として大活躍するわけなのですが。
とんぼさん、若かりしころのノーグに凄く似てるんですよ、イメージが。
ノーグはとんぼさんほど物腰柔らかくないですけどね!
PR

2011/04/16 18:18 | Comments(2) | 読書記録

コメント

二ノ国に思いっきりトンボが出てましたよ!
posted by 雅 at 2011/04/18 22:27 [ コメントを修正する ]
ま じ か。(全力でホイホイされそう)

それはそうと、ずっと雅ちゃんと飲みに行きたいと思ってるのに全然実現できてないですな……
正しい連絡先が微妙にわからないのが要因ですが。(←)
posted by アオナミ at 2011/04/18 23:37 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<現代バトルものへの憧れ | HOME | 空色少年物語 番外「影追いの夜」>>
忍者ブログ[PR]