忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 08:25 |
読書記録:『迷宮百貨店にて』
『迷宮百貨店にて』
著者:柏木むし子 さま
サークル:むしむしプラネット
ジャンル:ほのぼの冒険恋愛ファンタジー
 
混沌としていてちょっと不安を誘う、けれどつい細部まで見入ってしまう、そんな不思議な表紙が目を引く一冊です。
そもそも、タイトルからしてたまりませんね。迷宮百貨店。略して迷店。
それこそ、ある種のゲームに登場する「ダンジョン」が、丸ごと店になったような。そんな不思議な店を舞台に繰り広げられる物語は、一人の少女が体験した小さな冒険であり、小さな恋の物語です。

本を開くと、まず目に入るのは、舞台となる迷宮百貨店の異様な姿です。
客にものを探させる気があるのかないのか、日々姿を変える迷宮。そこに揃えられた、時にグロテスクで時に幻想的、そして時には「商品」であることに首を傾げずにはいられない商品たち。それらは、世界すら越えたあらゆる場所から集められたものだといいます。
誰が、何のためにこんな店を? そんな疑問を覚えながらも、それに答えてくれる人は誰一人いません。会計をしてくれるのは、一体どうやって動いているのかもわからない謎の蔦、商品を迷宮の奥に運ぶのは、不思議な人の形をした「何か」なのですから。
そんな不思議な迷宮百貨店を眺めているうちに、気づけば、自分も主人公の少女、ミオと一緒に迷宮に潜っていることに気づきます。どこに何が置かれているのか。この先には、どんな仕掛けが待ち受けているのか。次から次へと描き出されていく迷宮の姿は、一度でも知らない世界の冒険を夢見たことのある人ならば、わくわくしないわけがありません。
そして、誰も知らない迷宮の裏側、闇の奥を覗いてしまった時の、ぞくりとした感触。この恐怖と緊張の手触りもまた、冒険には欠かせません。

けれど、少女ミオの冒険は、実は一つの「恋」の始まりでもあったのです。
そう、冒険には、当然ヒーローがつきものですから。
迷宮の奥で危機に陥ったミオの前に颯爽と現れる、これまた迷宮と同じくらい「不思議」な男ロセロ。彼の登場から、迷宮百貨店は、少女の小さな冒険の舞台というだけではなく、奇跡にも近い形で出会った少女と男を結びつける、大切な場所になっていきます。
そうして生まれた恋心が膨らむ過程と、二人の間で交わされた思いの結末は、是非二人と一緒に迷宮百貨店の奥の奥まで足を踏み入れて、確かめて欲しいと思います。
甘酸っぱく、見ているこっちが気恥ずかしくなるような、けれど、どこまでも清々しい恋心。
恋というものは、女の子を強くするのだな、と。ほっこり暖かな気分になれる、素敵な恋愛ファンタジーです。

しかしロセロ氏は色々卑怯だと思います。かっこよく、しかも所々弱みのある男性というのは、極めて卑怯だと思います。ミオが羨ましいです。
 
ちなみに、このお話は以前記録させていただいた『エクストリーム・ワーキング』と密接に関わっています。
今回登場するロセロ氏は、『エクストリーム・ワーキング』主人公エリルベート氏の同僚なんですよね。
というか、多分全てのきっかけは青波が叫んだ「エリルベート氏の同僚(当時は名前もなかったらしい)不憫すぎて大好きです!!!」という言葉だった気がするので何か本当にありがとうございます!!!! わーい!!!!!
ひとまず、ウミウシを投げつけていいですか! いいですよね!! リア充ウミウシにまみれろ!!!
PR

2014/03/15 18:18 | 読書記録

<<読書記録:『背中合わせアンソロジー アルギエバ』 | HOME | 『アイレクスの絵空事』に「世界の温度」追加。>>
忍者ブログ[PR]