忍者ブログ
アビス会(第二回)
「青波宅でテイルズオブジアビスをプレイする会」
……第二回。
参加者はもちろん青波とシンの人。
というわけで行ってみましょ。
 
「二人プレイできるのか?」
「試しますか」

というわけで前回からロード。
(ちなみに前回アビス会から進んでない)

「……ごめんシン。アッシュ一人だった」
「くそう、アッシュめ!」
「そしてアニス酷いなー」
「ガイ兄だけが癒しだよ!」

残念っ。ユリアシティからのスタートでした。
まあすぐに仲間と合流しまして、セフィロトツリーで外殻大地へ。
そしてベルケンドに向かい、スピノザに会いに行くのですが。

「よし、操作できるようになったぞ!」
「やったー、ジェイドさんジェイドさん!」

もちろんシンの人がプレイするのはジェイドである。

「うあ、意外とリーチ短いっすよ!」
「アッシュ、蹴り入れろよ! 何かもの足りねえよ!」
「っつか大佐の勝ち台詞むかつきますねー」
「毎度これ聞かされると思うとちょっと嫌だな(笑)」

お互い、慣れるまでにちょっと時間がかかる(笑)。
というわけでフィールドで十体ほど敵をボコしてからベルケンドへ。
ナタリアがアッシュのことしか考えていない件。

「ナタリアがむかつくんすけど」
「いや、私もちょっとむかつくが」
「やっぱりガイ兄が癒しっすよね。ルークに優しい……」
「でもすぐパーティ外れるぞ」
「しゅん」

「あれ、宝箱取れないんだけど……攻略本攻略本」
「どっか隙間から入れるんじゃねっすか?」
「いや……あれは、ルークじゃないと取れない」
「なっ、ルークに何が!」
「……つか、『ミュウじゃないと取れない』」
「ルークの存在価値ってミュウだけですか!?」

いやでもアッシュとルークの違いってその程度じゃ(禁句)。
アッシュの方が魔法が使える分優秀だと思うんよ。
とりあえずスピノザに会って、ガイと解散。

「何か、ガイとアッシュの会話がすげえ複雑な件」
「アッシュってどこまで知ってるんすかねー」
「つか俺らも何処まで知ってるんだって話ですね」
「そうですね」

実は青波とシンの人も詳しいことは微妙にわかってない(笑)。
とりあえずガイが「賭け」をしてることくらいは知ってるんだけど。
で、ワイヨン鏡窟へ向かいつつ。

「ディストでてこないんですかディストー!」
「残念っ、ここでは話題になるだけで、実際には出てきません!」

いや、ディストいいですよねディスト。ラブ。
ボス戦は二人プレイってこともあり楽に撃破。
やっぱり仲間がいるって違うなあ(ほろり)。

ちなみに青波もシンの人も「早くルーク戻って来い」なので、さくさく進めます(笑)。
そしてアッシュが微妙なツンデレっぷりを見せながら、視点はユリアシティに戻りまして。

「戻ってきたー!」
「セイルに戻ったー!」

既に反転ですらなく、空色ネタです。
花畑に立つティアとの会話中、青波とシンの人は関係のない話を微妙に横で繰り広げる。

「シンなら、『死ぬ』って簡単に言えちゃいそうだなあ……」
「お前の『死ぬ』って『死ぬ』と同意じゃないもんなー。でもアイツ、追い詰められたら本当の死でも普通に言いそうだよな」
「そして『君はわかってない』と言われる」

テレサに。
……うん、きっとそういう話。反転。
そして。

「断髪キター!」
「切った瞬間のモミアゲの長さ半端ない!」
「そして後ろ髪の長さ、あのくらいが一番ちょうどよくないか!?」
「だがムービー終わったら奇妙な髪型になってる件!」
「あのモミアゲどこにやった!?」
「そしてあの後ろ髪はどこから出てきた!?」

色々ツッコミたくなる、青波とシンの人。
いやでもあの髪型は異様だって。うん。
ということで、断髪イベントも済み、今日は会話を聞きつつセーブポイントへ。

「しかし、断髪前と断髪後のルークは別人ですよね」
「な。何だあの顔の変化」
「つか断髪後のルークがセイルにしか見えないんですが」
「……うん、俺もそう思う。あのぱっちり開いた目が」

ちなみに、新生「空色少年物語」の主人公セイルと相棒ディスの顔の違いはマジでルークの顔の違いを参考にしてます(笑)。
もちろんセイルが断髪後、ディスが断髪前のルークですよ。

次回、ガイとの合流~仲間集めへ。
毎度、アビス会ごとにちまちま進めていきます。
っつかこれ終わるのいつになるやら……(笑)
PR

2008/11/29 00:17 | Comments(0) | 遊戯全般

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<何故か空色語り。 | HOME | シトラスムーン:08>>
忍者ブログ[PR]